ここから本文です

台風22号が強い勢力に 今年最強へと発達か 北上の可能性は低く

9/9(日) 11:38配信

ウェザーニュース

 9日(日)9時現在、台風22号(マンクット)はトラック諸島近海を西に進んでいます。中心付近では最大風速が35m/sとなり、「強い」勢力の台風となりました。

▼台風22号 9日(日) 9時現在
 存在地域   トラック諸島近海
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     西 35 km/h
 中心気圧   975 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

海水温の高い地域を進み、今年最強の台風へと発達か

 先週日本に襲来した台風21号と同様にグアム付近を西進し、海面水温が28℃以上の温かい海を進むことでエネルギーを得て発達する見込みです。週中頃にかけて発達を続け、12日(水)頃にはフィリピンの東へ進んで、最大風速は55m/sと「猛烈な」勢力になる予想です。

▼予報 3日後 (9月12日 9時)
 存在地域   フィリピンの東
 強さ階級   猛烈な
 移動     西 20 km/h
 中心気圧   905 hPa
 最大風速   55 m/s (110ノット)
 最大瞬間風速 80 m/s (155ノット)

 もし予報通りに中心気圧が915 hPaを下回ると、今年の台風の中では最も気圧が下がったことになり、最大風速が110ノットに達すると、今年の台風の中では最も発達したことになります。

北上の可能性は低く 沖縄に接近の可能性あり

 先週台風21号が上陸した頃と比べると太平洋高気圧が南へ偏り、秋雨前線が日本付近で停滞しています。現時点までの経路は21号と似ていますが、この先も似た進路をとるとは限りません。

 14日(金)頃にはフィリピンの東にある予想ですが、世界の気象機関のコンピュータシミュレーションモデルを比較すると、その先も西北西へと進む予測をしているものが多くなっています。

 まだとり得る進路には幅がありますが、次の週末は沖縄や台湾、フィリピン方面に影響が出る可能性が高いとみられます。随時最新の台風情報を確認するようにしてください。

◆台風の名前
 マンクット( Mangkhut / มังคุด )は、タイが提案した名称で、マンゴスチンのことです。台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

ウェザーニュース