ここから本文です

ホンダ ヴェゼル ハイブリッド RS 流行りモノだと正直見くびってました

9/9(日) 16:02配信

carview!

今回借り出したのは、2018年2月にマイナーチェンジを受けていたものの、試乗する機会がなかった「ホンダ ヴェゼル」。2014年の発売から2017年まで、SUV登録台数1位を連続で記録するベストセラーで、今年(1~6月の上半期)こそ「トヨタ C-HR」の後塵を拝しているものの、ホンダの登録車ではフィット、フリードに続く稼ぎ頭になっています。

【ヴェゼルの写真を見る】

思い返せばホンダはSUVを多く生み出してきたメーカーで、現在過去含めると(海外モデル除く)CR-V、HR-V、MDX、エレメント、クロスロードそしてヴェゼルと多くのSUVを作ってきました。北米ではCR-Vが売れていますが、国内でヒットしているのがヴェゼル。フィットと同じ“ハイブリッド&デュアルクラッチトランスミッション”というレアなパワートレインを持つモデルをラインアップするSUVはどのようなクルマなのか、あらためてチェックしてみました。

今年の2月のマイナーチェンジでは、ホンダの先進安全運転システム「ホンダ センシング」の全車標準装備化や、ハイブリッドモデルに採用している「スポーツ ハイブリッド i-DCD(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)」をチューニングし、加速フィールの向上などを行いました。エクステリアはヘッドライトがインラインLEDヘッドライトになり、フロントバンパーやグリルデザインが変更され、最新の「ホンダ顔」になりました。他にも静粛性や燃費の向上、オーディオはアップルカープレイ、アンドロイドオート対応となりました。

ヴェゼルは大きく分けてハイブリッドとガソリンの2種類があります。ハイブリッドは4グレードで、7速デュアルクラッチトランスミッションを搭載、ガソリンは3グレードで、CVTを搭載しています。排気量はいずれも1.5リッターで駆動方式はFFと4WDが選べます。

編集Kがラインアップの最上モデルとなる、ハイブリッドの「RS」に乗りました。運転席に座ってみると、高めのセンターコンソールによってほどよいタイト感があり、居心地は良好。外観から想像するような狭さは感じませんでした。驚いたのは後席で、身長170cmで座高高め(悲)の男が座っても頭上に拳が入り、運転席をドライビングポジションに合わせた状態でも膝周りに余裕があります。またラゲッジは広く大型のクーラーボックスなども積み込むことができます(VDA方式による計測値は5人乗車で393L)。

インテリアはエアコンやシフトまわりなどがスッキリとまとめられていて、奇抜なところがなくモダンな雰囲気。インテリア全体に「大人のオシャレ感」があり、これはひょっとするとあのホンダのスペシャリティクーペ「プレリュード」的な、現代の大人のデートカーのような存在なのかもしれないと感じました。

乗り心地は少しだけ張りを感じますが、硬さは無くしっとり感があります。ステアリングも素直で直進安定性は良好です。静粛性も高く、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を活用すれば長距離移動は楽チン(最高設定速度は135km/h)。ハイブリッドシステムと7速デュアルクラッチトランスミッションの相性も良く、力強い加速を体感することができました。

少しだけ気になったのはデュアルクラッチミッションの特性か、低速で一定速を保って走る際にほんの少し残るギクシャク感。静粛性が高くしっとりとした乗り味なだけに気がつきやすいのかもしれません。それからACCが全車速対応でないところはライバルのC-HRが全車速対応だけに惜しい気がしました。

乗る前は「街中でよく見かけるけど実際のところは?」などと思っていましたが、乗ってみるとこれがなかなかいいもので、ベストセラー車らしい隙のない完成度を感じさせてくれました。またそのオシャレ具合に、デートカーの変遷をしみじみと感じたりしたのでした(デートカーなのか?)。

1/2ページ

最終更新:9/9(日) 16:02
carview!