ここから本文です

豪雨で被災した家屋を公費で解体 申請受け付け前に説明会 倉敷市真備町

9/9(日) 15:11配信

KSB瀬戸内海放送

 倉敷市真備町で被災した家屋を所有者に代わって市が解体・撤去を行うための説明会が開かれています。

 倉敷市真備町で被災した家屋を所有者に代わって市が解体をする「公費解体」の受け付けが16日から始まるのを前に説明会が開かれています。

 8日、真備公民館で開かれた説明会では、用意した250席が満席、立ち見や会場に入れない人が目立ちました。

(被災者はー)
「びっくりしました。こんなに家がなくなっている人がいるんだなと思って」
「もう少し広い場所で説明されたほうがよかったかなと思いますね」

 公費解体の説明会は9日は午前と午後の2回行われます。
 申請の受け付けは、16日から来年3月31日まで倉敷市役所と真備公民館で行われます。

最終更新:9/9(日) 15:11
KSB瀬戸内海放送

あなたにおすすめの記事