ここから本文です

野球88%、サッカー83%、バスケは…?「Bリーグ」を盛り上げる方法

9/9(日) 10:00配信

FNN PRIME

10年以上にわたって続いたトップリーグの分裂は、FIBA(国際バスケットボール連盟)の介入によって終止符が打たれ、Bリーグの誕生へと至った。

【画像】美人チアと写真を撮るファン、そしてアーリーカップで躍動する選手たち!

3年目となる2018-19シーズンは、9月に各地で行われるアーリーカップから本格的な活動がスタート。B1とB2の限られたチームが参加した昨年と違い、韓国KBLの1チームを含めた36チームが出場し、6都市で開催される大きなイベントとなる。

Bリーグの大河正明チェアマンから、バスケットボールの魅力やビジネス面について話を聞いた。

バスケットの醍醐味

――どうすればBリーグに新規のお客さんがどんどん来るようになると思いますか?

認知率が上がって観戦意向が増えるということですよね。

あるところで調べると、1億2000万人のうち、プロ野球が88%、Jリーグが83%の認知率ですけど、僕らは60%前後。これが20%上がって80%になると、2400万人がBリーグを新たに知ることになる。観戦したい人はその何分の1か増えます。まずは知ってもらうこと。Bリーグを知ってもらうためにどれだけメディアに露出できるか、ものすごいポイントになんです。


――バスケットの日本代表が、土壇場でワールドカップ1次予選を突破したことも、Bリーグにとって意味がありますか?

八村(塁:アメリカのゴンザガ大で活躍中で、将来NBA入りが期待されている)選手を除いて、みんなBリーグ出身の選手で日本代表を構成している。ここが活躍してメディアの皆さんに取り上げていただくことは、Bリーグのリーグ戦にとって、どう考えてもプラスだと思います。

Jリーグは(W杯で先発したのが)11人中1人しか選手がいなくて、みんな海外リーグでやっているので、実はJリーグに戻ってきてもあまりWin-Winのサイクルにならないですよね。でも、僕らは代表とリーグが正にWin-Winの関係になるし、代表の露出が増えることはBリーグの認知度向上、そして集客アップにつながると思っています。


――Bリーグに足を運んでここを見てほしい、ここが野球やサッカーと違うという魅力は何ですか?

プロのスポーツ選手だから、普通の人ができないような3Pだったり、ドリブルがあったりする。それが、野球やサッカーに比べると圧倒的に間近で見られることというのは大きいですし、本当に好きな人だとベンチ裏に行けばヘッドコーチが何を喋っているかが聞こえてくる。これはバスケットの醍醐味ですよね。ちょっと離れたところで見ても、大型ビジョンもかなりのチームがつけるようになりました。

それと、快適な観戦環境があります。室内なので暑くも寒くもないし、雨も影響がない。サッカーだともれなく濡れるスタジアムがいっぱいあるわけで。あと、イケメンも多いですから(笑)

1/2ページ

最終更新:9/9(日) 10:00
FNN PRIME