ここから本文です

陸上=五輪王者ジョンソン氏が一過性脳虚血発作

9/10(月) 10:13配信

ロイター

[9日 ロイター] - 男子陸上の五輪金メダリストで元世界記録保持者のマイケル・ジョンソン氏(50、米国)が8日、一過性脳虚血発作に襲われたことをツイッターで明らかにした。

ジョンソン氏は「先週、一過性脳虚血発作や、ミニストロークと言われるものにかかって驚いた。いいニュースは家族と家に戻り、問題も解決して、すでに完治に向けて大きく進んでいることだ」と投稿した。

ジョンソン氏は現役時代、1996年アトランタ五輪の200メートルと400メートルで史上初めて二冠を達成。4年後のシドニー五輪では400メートルで金メダルを獲得した。

また、200メートルでは19秒32の世界記録を出し、2008年にウサイン・ボルト氏(ジャマイカ)が19秒30を記録するまで12年間破られず。400メートルの世界記録43秒18は、ウェイド・バンニーキルク(南アフリカ)が16年リオ五輪で43秒03を出すまで17年間更新されなかった。

最終更新:9/10(月) 10:16
ロイター