ここから本文です

パイオニア、「GTC Japan 2018」で「3D-LiDARセンサー」を紹介

9/10(月) 14:39配信

Impress Watch

 パイオニアは、9月13日~14日にグランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)で開催されるNVIDIA主催のAI カンファレンス「GTC Japan 2018」に出展し、ブースで「3D-LiDARセンサー」のデモンストレーションを実施する。

 3D-LiDARセンサーは、レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し、遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため、レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスとされている。パイオニアは、2020年以降の量産化を目指し、高性能で小型かつ低コストなMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)ミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進めており、2017年9月に検証用サンプルを開発し、国内外の企業に提供している。

 また、パイオニアとNVIDIAは2017年12月に協業を発表。パイオニアの3D-LiDARセンサーは、NVIDIAが開発・提供を進める自動運転用のソフトウェア開発キット(SDK)「NVIDIA DriveWorks」の対応製品となった。

 NVIDIA DriveWorksには、自動運転用のリファレンス アプリケーション、ツール、ライブラリ モジュールが含まれており、AIコンピューティングプラットフォーム「NVIDIA DRIVE」を活用して開発を進めるメーカーやデベロッパーをサポートしている。

Car Watch,編集部:北村友里恵

最終更新:9/15(土) 14:22
Impress Watch