ここから本文です

ジョコビッチ、セリーナに同情「主審の判断で流れ変わった」<全米オープン>

9/10(月) 14:57配信

tennis365.net

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会最終日の9日、男子シングルス決勝が行われ、第6シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を6-3, 7-6 (7-4), 6-3のストレートで破り、2015年以来3年ぶり3度目の優勝を果たした。さらにP・サンプラス(アメリカ)に並ぶ歴代3位タイの四大大会14勝目をあげた。

【セリーナ、ジョコ発言を批判】

決勝戦、ジョコビッチはデル=ポトロとの激しい打ち合いを制して3時間16分で勝利。優勝賞金380万ドル(約4億2,100万円)を手にした。

今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に続き四大大会で今季2勝目をあげたジョコビッチは会見で「手術を受けた時にウィンブルドンやシンシナティ、そして全米オープンを優勝すると言われたら、それは信じがたいことだっただろう。でも、自分はすぐに望むようなレベルへ戻れると信じ、イメージがあった」と今シーズンを振り返った。

「正直に素直に言うと、手術の後は早く高いレベルへ戻れると予想していた。でも、3・4カ月はかかってしまった。その過程で自分自身について多くを学び、忍耐を学んだ。バラバラになったものを1つにするには、自分自身に集中して、バランスを取り、そして目標へ向かって前進する。ここまでの2カ月は素晴らしかった」

また、前日の女子シングルス決勝で、3度の警告でゲームペナルティを科せられたS・ウィリアムズ(アメリカ)は主審やトーナメントディレクターと口論になるなど大荒れの戦いとなった。

ブーイングが起きるなど最悪な状況で20歳の大坂なおみは動揺することなくセリーナへ立ち向かった。 表彰式でもブーイングが起きる異様な雰囲気の中、優勝の大坂は涙を流した。

これについてジョコビッチは、セリーナに同情すると述べた。

「自分はセリーナが大好き。昨日は彼女(セリーナ)に同情した。昨日は誰もがとても不思議な状況で、多くの感情があった。セリーナは泣いていた。なおみも泣いていた。本当に本当に辛かった」

続けて「きっとあれ(主審の判断)で試合が変わってしまった。きっとではない。確実に試合の流れが変わってしまった。自分の意見としては必要ではなかった。グランドスラムのトロフィーがかかった戦いで僕らはいろんな感情をくぐり抜けている」と自身の見解を示した。

「状況に応じて男女はそれぞれ扱われると思う。一般化するのは難しい。それについて話し合いをする必要があるのか分からない。このテニスというスポーツに今も情熱を注いでいる彼女を見ると、自分や世界中の他の多くのテニス選手、男子も女子も本当に影響を受けている」

最終更新:9/10(月) 14:57
tennis365.net