ここから本文です

【3年ぶり】ノエル・ギャラガー単独インタビュー 愛するマンCやフットボールの今を語る!

9/10(月) 18:00配信

SOCCER KING

 3年ぶりに“あの有名サポーター”にインタビューする機会を得た。

 イギリスのロックバンド・オアシスのメインソングライターで、現在はソロ・プロジェクト『ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ』で活躍しているノエル・ギャラガーである。

 彼の“ローカル・クラブ”は現在、世界で最も人気があるリーグを支配するマンチェスター・C。昨シーズンは勝ち点100を達成して優勝し、そのセレモニーにも姿を見せていた。

 時には愛情たっぷりに、時には毒舌ぶりを発揮してサッカーを語る姿もおなじみとなったノエルに、SUMMER SONIC出演で来日した際に話を聞き、ジョゼップ・グアルディオラ監督についてや、最近のシティ、W杯やイングランドのフットボールを取り巻く状況についても聞いた。

インタビュー=小松春生
翻訳=湊昂大
写真=野口岳彦、Getty Images

■ペップはポール・マッカートニーのような俺のヒーローたちと同じ

――3年前の2015年にインタビューをさせていただいた時は、マヌエル・ペジェグリーニが監督でした。その1年後にジョゼップ・グアルディオラがやってきて、チームはさらに進化しました。この数年での変化をどう捉えていますか?

ノエル・ギャラガー(以下、NG) クラブ自体の変化はよくわからないが、チームとしてはFuckin’豪華なタレントが揃っている。俺が生きているうちに、こんなチームを見られるとは思わなかったな。(ロベルト)マンチーニが監督の時にリーグで優勝して素晴らしいチームと思っていたが、ペジェグリーニはリーグ優勝と2度のリーグカップをもたらしたから、最高のチームだと思っていた。だが、グアルディオラが来て、これ以上のことはないだろ。天才だ。選手たちも素晴らしい。

――グアルディオラ監督とは番組で共演したり、セレモニーで話すなど、かなり交流があるようですが、一人の人間として、どういう人物ですか?

NG 偉大な人間だし、陽気なやつだと思うよ。ポール・マッカートニーやニール・ヤング、ジョン・ライドン…。俺が出会ってきたすべての偉大な人物、俺のヒーロー、その仲間に入れるぐらいだ。飾らない感じが好きだし、選手やファンを鼓舞する姿は素晴らしいね。

 電話番号はもちろん知っているし、エティハドに行くといつも、酒を飲んでから彼のオフィスに足を運んでいる。最近、彼が出店をサポートしたカタラン・レストラン(『TAST』、https://tastcatala.com/)がマンチェスターにオープンしたから、今度はそこに行くだろうな。

――昨シーズンはリーグ戦とリーグカップの二冠を達成しました。

NG 信じられないだろ! 今までで最高のシーズンだ。これ以上のシーズンはないね。もっとトロフィーを勝ち取れると思うし、サポーターとしては、今後3シーズン満足して過ごせるだろう。子供の頃はしょっちゅう試合を見に行ったが、勝つところさえ見たことがなかったんだぞ。だが、今は負け試合を見ることがない。今シーズンも面白くなるだろう。世界中のマン・シティファンも、1000%ハッピーだと話していてわかるよ。

――前回のインタビューでは、2011-12シーズンにセルヒオ・アグエロが得点して優勝した時が一番感動したと言っていましたが、それは今でも変わりませんか?

NG アグエロの場合は、(ゴールを決めた)“瞬間”だ。それが、俺が今まで見てきたフットボールで最高な“瞬間”だった。でも、昨シーズンは38試合のうち32勝して、負けたのはたった2試合、ドローは4試合だ。しかも最終節では、最後の最後のシュートで勝ち点100を達成したんだ(アディショナルタイム4分の決勝点で勝利)。シーズン中はどんどん、どんどん、どんどん、どんどん、どんどん、どんどん良くなって、6試合を残して優勝したんだ。そして、もっともっともっと良くなって、最後の最後はFuckin’ヤバかった。シーズンが終わって嬉しかったけど、俺は疲れて「もう十分だ」って感じだったな。

――昨シーズンはユナイテッドが2位でしたけど…。

NG 本当か?

――存在は気になりますか?

NG ノー。むしろリヴァプールだ。良くなってきているからな。俺がよく見に行っていた1980年代は、リヴァプールがビッグクラブだった。もし子供の頃の俺に、「この先、リヴァプールは30年間リーグ優勝しない」と言っても信じないだろうな。そして90年代と00年代はユナイテッドの時代だった。でも、それは起こりうることだ。シティの時代がこの先、10年や20年も続くとは思っていない。グアルディオラが去ったら、また新たなスタートになる。だからこそ、今後3~4シーズンはスペシャルなものになるはずだ。そう願っているよ。

――今シーズンのシティはいかがですか?

NG 開幕戦を見に行ったけど、いい試合だった。でもケヴィン・デ・ブライネが3~4カ月離脱となったことは残念だ(インタビュー前日にヒザを負傷したことが発表された)。

――大きな痛手になりそうですね。

NG 他のチームやサポーターにとっては面白い展開かもしれない。「シティも終わりだ」ってね。俺はシティが優勝すると断言はしないが、他のチームがシティを上回って優勝するとは思わないな。もしその面白い展開になれば、Fuckin’壮絶なシーズンになるだろうな! 確かにデ・ブライネの離脱は痛いが、良くなって戻ってくるさ。

――そういえば開幕戦後、SNSで何かと話題になるバンジャマン・メンディのInstagramで2ショット写真を見ました。



NG あの時、俺はすげぇ酔っ払っていた。(笑) 素晴らしいし、大好きな選手だ。昨シーズンの大半をケガで棒に振り、誰もが災難だと思っただろうけど、監督がうまく対応していた。彼はインターネットのスーパースターだ。俺はソーシャルメディアをやらないからフォローしていないし、何をしていたかよくわからないけど、まぁ面白かったな。

――他のチームは気になりますか?

NG 誰がそんなこと気にするかよ!

――チャンピオンズリーグはまだ獲得できていませんが、どうしても欲しいタイトルですか?

NG ノー! 気にもしてないな! シーズンで獲得できるタイトルは4つ(リーグ、FA杯、リーグ杯、CL)だが、俺は毎シーズン、プレミアリーグを優勝してほしい。今シーズンはいいチャンスだと思うが、CLはいいチームが他にもいるし、大きな運が必要な大会だ。すべてはリーグなんだ。例えば今年、ウェンブリーで優勝できるのであれば、それは嬉しいよ(※今シーズンのCL決勝はマドリード)。おっと、だがウェンブリーなんかで優勝したくないな。ローマやバルセロナみたいな、ホットな場所で優勝したい。

 2000年代のアーセナルの黄金期を覚えているか? チームにはティエリ・アンリ、デニス・ベルカンプ、ロベール・ピレスらがいたが、CLは優勝していない。世界が認めたベストチームの1つでさえも、だ。重要なのはリーグでどんな終わり方をするか、それだけだな。

1/3ページ

最終更新:9/11(火) 10:02
SOCCER KING

あなたにおすすめの記事