ここから本文です

松重豊、『野生の証明』で憧れた薬師丸ひろ子と夫婦役に「夢は叶うんだな」

9/18(火) 12:00配信

THE PAGE

THE PAGE

 有村架純の主演映画「コーヒーが冷めないうちに」(塚原あゆ子監督)は、とある街の喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台に、望んだとおりの時間に戻ることのできる席に座った人々の優しい奇跡を描く物語。2017年の本屋大賞にノミネートされ、“4回泣ける”と評判を呼んだ川口俊和氏のベストセラー小説の実写映画化だ。あこがれの薬師丸ひろ子と夫婦役を演じる松重豊に聞いた。

憧れの女優・薬師丸ひろ子と今度は夫婦に

 松重の役どころは、アルツハイマーと診断された妻・高竹佳代(薬師丸)を優しく見守る夫・房木康徳。松重と薬師丸は、同作の塚原監督が演出した連続ドラマ「アンナチュラル」で今年、初共演が実現して以来。自身のデビュー前、映画『野性の証明』の頃から憧れていたという薬師丸と、今作ではなんと夫婦役での共演だ。

 「ずっと素敵な女優さんであり続けていらして、夫婦役をやるなんてまさか予想もしていなかったので、夢は叶うんだなと思いました。僕らのパートは夫婦が夫婦として成立していないといけない。夫婦としての時間を共有することが一番大事だと思っていましたし、薬師丸さんがそういう空気を出してくださったんで、僕は旦那という席にすっとおさまることができたような気がします」

 映画は、いくつかのエピソードで紡がれるが、撮影もそれぞれに分かれていた。松重と薬師丸のパートは常に二人でいることが多かったそうで、現場では話もはずんだという。

 「薬師丸さんはクルマにもすごく詳しいし、マニアックな知識をお持ちなので、そういうことも含め、お話をうかがいました。デビュー当時のお話も聞きましたが、あの時代に松田優作さんや渡瀬恒彦さん、第一線の映画スターと中学・高校生で渡り合っていた少女が、いまにつながっている……。そんな女優さんの歴史みたいなものを垣間見ると、すごく勉強になりましたね」

過去にも、未来にも興味はない 今日一日が一番大事

 昔話にも花が咲いたようだが、自身が映画のように過去に行くことには興味がないという。

 「やり終わった作品は台本もどんどん捨てていきますし、振り返ってもしょうがない。写真も、いつか思い出して見るかもと思って撮っていたのですが、それすらやめてしまって。未来にも急いで行く必要ないですし、まず今日一日が一番大事。とにかく、今に集中するっていうことが、一番いい生き方じゃないかなって思いまして」

 これから思い描いている夢もとくにないそうだが、俳優以外のところに身を置くことを心がけているのだとか。

 「さすがに夢というのはもうないですが、与えられた仕事をちゃんとできるかどうか、どこまでやれるかっていうことが、希望というか夢といっていいことかもしれないですね。そのためにはどういうふうなことをやったほうがいいかと考えると、俳優以外の仕事、ラジオのDJだったり、見聞を広げることだったり。直接の仕事とは違う興味を持っていくこと。(俳優の仕事に対して)浮気をしてみたいっていうことですね。これまで一途に演技とつきあってきたんで」

1/2ページ

最終更新:10/1(月) 12:54
THE PAGE

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ