ここから本文です

【全米OP制覇】大坂なおみ 快挙の経済効果200億円

9/11(火) 11:02配信

東スポWeb

 テニス界に「200億円女王」が誕生した。全米オープン女子シングルス決勝(8日=日本時間9日、ニューヨーク)で、世界ランキング19位の大坂なおみ(20=日清食品)が元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)を6―2、6―4のストレートで撃破。男女を通じて日本人初の4大大会(グランドスラム)シングルス制覇の快挙を成し遂げた。日本テニス界に悲願のタイトルをもたらしたことで、新女王は一気にスターダムに。“なおみフィーバー”が莫大な経済効果を生み出しそうだ。

 優勝賞金380万ドル(約4億2000万円)を獲得した大坂は「まだ実際に起きたこととは思えない。セリーナと全米オープン決勝でプレーするのは夢だった。それがかなってうれしい。楽しもうと思ってプレーし、一つの目標を達成できた」と喜びを口にした。日本人選手として初めて最高峰の舞台で頂点に立ったことで、超一流アスリートの仲間入り。20歳の女王は巨額マネーを生み出しそうだ。大坂の全米オープン優勝がもたらす経済効果について、大手広告代理店関係者はこう解説する。「契約しているウエアや用具、スポンサーの商品は確実に注目度が上がり、売り上げにも直結する。所属先など関連企業のイメージはアップして株価にも好影響が出る。テニスに興味を持って実際に始める子供たちが増えるなど二次的な波及効果も合わせれば、いわゆる経済効果は少なくとも150億~200億円程度に達するのではないか」

 テニスは世界的に見るとバスケットボールやサッカーに次いで競技人口が多く、それだけ注目度が高いスポーツだ。世界の頂点に立ったことで、契約企業は日本だけでなく世界レベルで大きな広告効果が見込める。

 現在、大坂は食品大手の日清食品に所属し、時計メーカーのシチズンとブランドアンバサダー契約を結んでいる。また、試合中に着用するウエアはアディダス、ラケットはヨネックス製だ。こうした製品が注目され、国内外で売れ行きがアップすることが予想される。さらに日本ではマイナー視されてきた女子テニスの競技人口が、大坂の世界制覇をきっかけに一気に伸びるだろう。

 2014年全米オープンの男子シングルスで錦織圭(28=日清食品)が日本人選手として初めて準優勝した際には、関連する企業や製品の注目度が急激に上がり、その経済効果は300億~400億円に達したとの見方もある。大坂は錦織を上回る優勝ということを踏まえれば、経済への波及効果は同規模にまで拡大する可能性もありそうだ。

 もちろん大坂自身の報酬も大幅アップは確実だ。今大会の優勝賞金は約4億2000万円だが、これはまだまだ序の口。「CMはかなり幅広い業種からオファーがバンバン来るのではないか。錦織選手の例からも、特に国際的な市場で活動する大手の優良企業からの案件もあるはず。もちろん、契約料の相場も上がることは間違いない」と前出の関係者は分析する。

 今後は飲料、保険、不動産、自動車、航空、携帯電話などの一流企業からのオファーが見込めそうで「天真らんまんなキャラクターは誰からも愛されそうだし、CMでもいろんな演じ方ができるのでは」(同関係者)。スマホアプリなど奇抜なCMが多い新興業種にも受けは良さそうで、大争奪戦は必至の様相だ。

 大坂は試合後の会見で自身へのお祝いプランを聞かれても「(今夜は)寝る。私は社交性のある人間じゃない。自分に対してお金をかけるタイプじゃない」と話し、お金には無頓着な様子。「家族が喜ぶなら自分もうれしい。(テニス選手で転戦中の)姉に会えたら、それが一番のご褒美」と笑顔で話す愛すべき素顔も、V効果を青天井としそうだ。

◆メンタル安定し急成長=大坂が師事するドイツ人のサーシャ・バイン・コーチ(33)は「なおみを本当に誇りに思う。動き続けることが大事で、フィジカル面でも相手より良かった。(セリーナの抗議などにも)集中力を保って戦ってくれたことがうれしい」とたたえた。昨年12月に就任すると、大坂の課題だったメンタル面が安定。フィジカル面でも体をひと回り大きく見せるようになるなど、心身ともに大坂を急成長させた。GAORAテニス中継解説者の佐藤武文氏(47)は「サーブとストロークで主導権を握ることができる。今までより数段上です。もうひと山あるだろうというところで、勝ち切ったのはすごい」と大坂の成長ぶりを絶賛した。
 大坂の次戦は17日開幕の東レ・パンパシフィック・オープン(東京・アリーナ立川立飛)。凱旋試合でも進化し続ける姿を見せつけそうだ。

☆おおさか・なおみ=1997年10月16日生まれ。大阪市出身。ハイチ出身の父と日本人の母を持ち、姉のまりもテニス選手。3歳から米国で育った。2013年に15歳でプロ転向。16年に4大大会デビューの全豪オープンで3回戦に進出するなど躍進し、女子ツアーを統括するWTAの最優秀新人賞に輝いた。今年3月にBNPパリバ・オープンでツアー大会初優勝。180センチ。

最終更新:9/11(火) 11:05
東スポWeb