ここから本文です

女性に人気、カンボジア初「爬虫類カフェ」

9/11(火) 14:29配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【9月11日 AFP】アルビノ(先天性色素欠乏症)のニシキヘビ、オレンジ色のコーンスネークや、うろこに覆われたイグアナが怖い人でも、ここに来れば爬虫(はちゅう)類と親密で個人的なつながりを築くことで癒やしが得られると、カンボジア初の爬虫類カフェのオーナー、チア・レティ(Chea Raty)さん(32)は言う。

 チア・レティさんは、首都プノンペンで既に人気となった猫カフェをやめ、このカフェを始めた。トカゲやヘビを嫌いな人たちの偏見をなくし、単に誤解していただけだと分からせたいという。

 カフェの壁にはずらりと水槽が並び、中には、さまざまな長さと色のヘビが。隅では、明るい色彩のコンゴウインコが甲高い声で鳴く。入店料は無料で、飲み物を注文すれば、客はラテなどを飲みながら、水槽から選んだヘビやイグアナと一緒に過ごすことができる。

「みんな、私のように爬虫類のことが大好きになるはず」と、チア・レティさんはイグアナの首のひだの辺りをなでながらAFPに語った。

 ヘビやトカゲを怖がる人が多いため、売り上げはまだなかなか伸びないが、予想に反して女性客が増加していると、チア・レティさんは言う。「女性は首にニシキヘビを巻き付けたり、自撮りをしたり、楽しそうに過ごしてますよ」と語った。

 映像は8月18日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:9/11(火) 14:29
AFPBB News