ここから本文です

【MLB】大谷翔平、また二刀流記録 「9盗塁&10登板以上」はシスラー以来103年ぶり

2018/9/11(火) 14:34配信

Full-Count

1915年にルーキーだったシスラーが達成、球団広報が発表

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地レンジャーズ戦に「5番・DH」で6試合連続スタメン出場。2回の第2打席で二塁打を放ち、8試合連続安打を記録。そのまま三盗を成功させた。7回には好機でタイムリーを放ち、今季19度目のマルチ安打を記録。4打数2安打1打点の活躍もエンゼルスは2-5で敗れ、連勝は「4」で止まったが、大谷は球史にその名を残すレジェンドが1915年に刻んで以来、103年ぶりの二刀流記録を樹立した。

【動画】絶好調・大谷翔平が止まらない! 8戦連続安打となるマルチの大活躍! 11日の全打席ハイライト

 ア・リーグ週間MVPに選出された男は絶好調だった。4回先頭で迎えた第2打席。2ボール1ストライクからの4球目をフルスイング。169.9キロの強烈な打球が右中間に飛ぶと、快足を飛ばし二塁ベースを奪った。

 これで大谷は8試合連続安打を記録。その後、1死となってからワードの打席で快足ぶりを見せつける。三盗を試みた大谷に一度はアウトが宣告されたが、その後にソーシア監督はチャレンジを申告。判定が覆り、今季9盗塁目をマークした。

 この瞬間、メジャーで103年ぶりの記録を達成した。エンゼルスのマット・バーチ広報はツイッターで「エンゼルスのショウヘイ・オオタニは、セントルイス・ブラウンズの殿堂入り選手ジョージ・シスラーが1915年に達成して以来、初めてシーズン9盗塁、10試合以上登板を果たした選手となった」と発表した。

「ゴージャス・ジョージ」と呼ばれ、2004年にマリナーズのイチローに抜かれるまで、メジャー年間最多安打記録「257」という記録を誇っていたレジェンドは、オリオールズの前身のブラウンズでデビュー時に「二刀流選手」だった。そのシスラーがルーキーイヤーの1915年に残した記録に大谷は並んだ。

 7回には痛烈な左前適時打を放つなど、打撃は好調のまま。打率は.294と3割目前まで迫ってきた。球史に名を残す名手と肩を並べた大谷。シーズン終盤までどんな記録を残してくれるだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:2018/9/11(火) 15:36
Full-Count

あなたにおすすめの記事