ここから本文です

玉城氏を批判する沖縄知事選サイトが複数出現 管理者は同一人物? 住所は実態なし

9/12(水) 11:12配信

BuzzFeed Japan

翁長雄志知事の死去に伴う沖縄知事選が9月13日に告示される。翁長氏の後継路線を打ち出している玉城デニー氏と、自民党や公明党が支援する佐喜真淳氏の、事実上の一騎打ちとなる見通しだ。選挙戦を前に、「沖縄県知事選挙2018」というサイトが現れた。【BuzzFeed Japan / 籏智広太、貫洞欣寛】

【写真】あの時、島は戦火にのまれた。米兵が見た「沖縄戦」カラーで振り返る

この選挙に関する公的サイトのような名称だ。同じ名前のTwitterアカウントもあり、このサイトにアップされた動画などを拡散している。デザインや内容が似た別のサイトも登場している。

ただ、その内容は、玉城デニー氏や翁長県政を支えた「オール沖縄」への批判が中心で、中立的ではない。また、サイト管理者の実態は確認できない。

選挙前に現れたサイトは2つ。8月22日にドメイン登録された「沖縄県知事選挙2018」と、25日に登録された「沖縄基地問題.com」だ。

サイトのデザインはほとんど同じ。前者は「沖縄、最後の選択」、後者は「これが真実!沖縄の基地問題」と銘打たれている。

Twitterアカウントもある。前者は「沖縄県知事選の候補者・日程&状況&情勢&スクープ情報を速報でお伝えします」などとうたう「沖縄県知事選挙2018 候補者・日程 知事選速報サイト」。

後者は「沖縄基地問題の歴史から現状までをわかりやすく解説」などとする「沖縄基地問題2018 辺野古・普天間 沖縄問題サイト」だ。

サイトにはYoutube動画も掲載され、二つのサイトで計42。8月22日から断続的にアップロードされている。Twitterで拡散している動画には、3000以上リツイートされ、再生が5万回を超えているものもある。

玉城氏を「危険人物」「違法を容認」などと批判

記事のほとんどは、翁長氏や玉城氏に対して批判的だ。玉城氏を「危険人物」「違法を容認」「公選法違反」などと指摘するものもある。

翁長、玉城両氏を支援する「オール沖縄」や辺野古基地の反対運動関係者、さらには沖縄地元2紙を批判するものも少なくない。

翁長氏の生前の決定を引き継ぎ、名護市辺野古沖の埋め立て承認を撤回した謝花喜一郎副知事に対しては、「玉城デニー氏の背後に蠢く反日左翼勢力と結託」しているとして「万死に値する」と強く批判している。

さらに「バカ丸出しの沖サヨ」「みんなテロリストの仲間」などと、一般的なニュースサイトでは用いない侮蔑的な言葉が並ぶ。

各立候補予定者の情報を中立な立場から紹介するサイトとは言えず、玉城陣営をターゲットにしたネガティブキャンペーンサイトという方が近い。

1/2ページ

最終更新:9/12(水) 11:13
BuzzFeed Japan