ここから本文です

セパレート電源ユニットを採用した、DELAのミュージックライブラリー新製品「N10」。9月下旬に¥648,000(税別)で発売

9/12(水) 12:49配信

Stereo Sound ONLINE

 メルコシンクレッツは、DELAミュージックライブラリーの新製品として、セパレート筐体のリニア電源を採用した「N10」(N10P-H30-J)を発売する。定価¥648,000(税別)で9月下旬の出荷開始となる(本日から受注は開始している)。

「N10」背面パネル画像はこちら


 その特長は、同社「D10/D100/E100」と同デザインのハーフサイズ(本体と電源部の2筐体)を採用し、3TBのHDD(サイズは2.5インチ)を内蔵している点にある。接続端子はUSB2.0が2系統と、LAN端子を2系統備えている。

 従来の「DELA N1Z」シリーズでは2系統のクリアダイナミックパワーサプライに より、2ドライブ駆動やUSB3.0×3ポート+USB2.0×1ポートのサポートを実現していたが、新製品のN10は内蔵ドライブを2.5インチ×1ドライブ、USB2.0×3ポートに限定することで、大容量トロイダルトランスを搭載した新規開発のリニア電源ユニットでの駆動を実現している。

 電源と本体はセパレート筐体とし、専用のカスタムケーブルでつなぐ構成となる。本体ユニットと電源ユニットを並べるとフルサイズと同じになるので、オーディオラックにも違和感なく設置できるはずだ。もちろん、光ディスクドライブD100やHDDドライブE100と組み合せて利用する時にもデザイン上、統一感のあるシステムをつくることが可能だ。

 本体に有機ELディスプレイを搭載し、機器の状態や設定変更も本体ボタンで簡単に確認、操作できるようになっている。ネットワークプレーヤーに直結できるPlayerポートやUSB DACを接続してネットワークプレーヤーシステムとして使えるなど、ミュージックライブラリーとしての基本性能はN1シリーズ同様に備えている。


▼DELA N10(N10P-H30-J)の主なスペック

●HDD容量:3TB×1(2.5インチ)
●接続端子:USB2.0×3、LED非搭載LAN端子×2
●特長:2mm厚鋼鈑ボトムパネル+5面アルミパネル、3点支持TAOC製鋳鉄インシュレーター、ドライブ部にHS-S2(Highly Stable Storage System)を採用、他
●寸法/質量:W215×H61×D269mm/約3.5kg(本体)、W215×H61×D273mm/約5kg(電源ユニット)

最終更新:9/12(水) 12:49
Stereo Sound ONLINE

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ