ここから本文です

これがあれば数日は乗り切れる! 船舶料理士が実践している「常に冷蔵庫に入れておきたい食材」5種類

9/12(水) 14:00配信

マネーの達人

日々の献立作りにお悩みの方、いませんか?

スーパーに足を運んでも、なにを買えば良いのか…と悩み、調理する前からストレスでいっぱいになってしまう人も多いことでしょう。

そこで今回は、船舶料理士の筆者が「これさえあれば、数日は乗り切れる!」と実践している使いまわし抜群の5つの食材を紹介します。

ずばり、5つの食材とはこれだ!

まず、常にストックしておきたいのですから日持ちすることは大前提。

さらに、価格もお高いものだとストックするのは厳しいですから、お手頃価格で買えるものばかりを選んでいます。

・ じゃがいも
・ にんじん
・ 玉ねぎ
・ 鶏もも肉
・ 卵

じゃがいも、にんじん、玉ねぎは野菜コーナーでいつでも購入できますよね。

鶏肉も卵も、セールのときならかなり安く手に入ります。

どうしてこの5種類の食材なのか…を、順にお話ししていきます。

この5つの食材だけで、かなりの料理が作れます

なぜこの5種類をストックしているのかというと、組み合わせや味付けによって、たくさんの料理を作ることができるからです。

ざっと、我が家の食卓でよく見かける献立を紹介します。

■カレー

じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、鶏肉を使用。

カレールーや顆粒コンソメがあれば作れ、食材をカットして煮込むだけなので調理そのものも楽!

カレーを作った翌日に、余ったカレーでドリアやカレーうどんにすることもできて便利。

■親子丼

玉ねぎ、鶏肉、卵(彩りににんじんを入れてもOK!)を使用。

砂糖やみりん、オリゴ糖といった甘味と塩や醤油といった塩味がある調味料、あとはダシの素があれば作れます。

鶏肉がない場合は玉ねぎと卵でシンプルに卵丼でも大丈夫ですし、丼は大人も子どももご飯が進みボリューム感もあってGOOD!

■ポテトサラダ

じゃがいも、にんじん(卵を茹でで添えてもOK!)を使用。

マヨネーズと塩コショウがあれば、食材をカットして電子レンジで加熱し和えるだけで作れる超絶楽ちんなおかずです。

もしも冷蔵庫にハムのストックがあれば、ハムにポテサラを乗っけてお惣菜コーナーでよくみかけるオシャレなスタイルにも。

翌日はポテサラにパン粉をまぶして揚げればポテトコロッケに。

加熱するとマヨネーズの酸味が消えるので、れっきとしたコロッケとして食卓に出せますよ。エッヘン。

1/2ページ

最終更新:9/13(木) 17:02
マネーの達人