ここから本文です

「そこに助けを求める人が」…ボートなどで人命救助した市民に感謝状 倉敷市真備

9/12(水) 18:37配信

KSB瀬戸内海放送

 西日本豪雨で大規模に浸水した倉敷市真備町で、住民の救助にあたった市民に感謝状が贈られました。

 授与式には表彰された9人のうち7人が出席し、岡山県の伊原木知事から感謝状を受け取りました。
 
 9人は豪雨で浸水した倉敷市真備町で、7月7日から8日にかけて釣り船や手漕ぎボートを使い、取り残された住民を少なくとも200人以上救出しました。

(感謝状を受け取った 加藤直樹さん)
「そこに助けを求めてる人がいたんで、必死ですよね」

(感謝状を受け取った 茅野 匠さん)
「できる範囲のことをできたから、精一杯やりました」

最終更新:9/12(水) 18:57
KSB瀬戸内海放送

あわせて読みたい