ここから本文です

不正車検で業者5人を逮捕

9/13(木) 19:45配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

安全基準を満たしていない車の検査を通すため、嘘の書類で不正に車検証を取得したとして、自動車整備業や中古車販売業の男、5人が逮捕されました。

逮捕されたのは、熊本市東区小峯の、会社役員、奈須忠治容疑者(49)ら5人です。

警察によりますと、5人は共謀して、安全基準を満たしていない車の検査を通すため、実際は検査をせずに、基準を満たしたかのような虚偽の書類を作成。九州運輸局に提出し、不正に車検証を取得した疑いがもたれています。

去年の春ごろ、警察が違法な改造車の車検を調べたところ、不正車検の容疑が浮上しました。

「警察が奈須容疑者の整備工場を捜査している時、中古車業者が今回の車を持ち込んだという事です」(記者)

検査をせずに書類を偽造し、車検を通すことは「ペーパー車検」とも言われていて、不正改造を免れることや、車検費用を安くすることなどが目的とされます。

車検の不正は交通事故に繋がり、ドライバーや周りの命にも危険を及ぼします。

車の整備業界はペーパー車検に警鐘を鳴らしています。

「紙だけで偽造をして車検を通すということなので、実際車をきちんと見ているかどうかはわからない。保安基準に適用しないまま車に乗るということは、それだけやっぱり危険なことだと思うので、絶対にあってはならないことだと思います」(イエローハット熊本本山店 松井健悟店長)

5人の認否は明らかになっていませんが、警察は、他にも5人に余罪が複数あると見て調べています。

RKK熊本放送

最終更新:9/13(木) 19:45
RKK熊本放送