ここから本文です

綾瀬はるか「画鋲」を「が、りゅう?」と読み間違え

9/13(木) 12:41配信

東スポWeb

 女優の綾瀬はるか(33)が13日、都内で行われたCMキャラクターを務めるブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザック」(BLIZZAK)の新CM発表に、同社のアスリートアンバサダーを務めるプロゴルファーの宮里藍(33=サントリー)、アイスホッケー女子日本代表の「スマイルジャパン」の選手3人とともに出席した。

 冬用タイヤのCMということで「これまでは『タイヤ先生』の白衣とかでしたけど、大人っぽい衣装になりました」と話した綾瀬はCMで着用しているのと同じ、冬をイメージしたシックな衣装姿で登場。「雪国装着率ナンバーワンの『ブリザック』に、早めに交換しましょう」とアピールした。

 イベントでは、綾瀬が藍とスマイルジャパンの選手たちにクイズを出題するコーナーもあった。

 タイヤの商品名「BLIZZAK」は、英語で大吹雪を意味する「ブリザード」(Blizzard)と、ドイツ語の「Zacke」を組み合わせた造語だが、その「Zacke」の意味は?との3択問題を読み上げる際に「画鋲(がびょう)のようなトゲトゲの針」と読むべきところを「が、りゅう?」と読んでしまうひと幕もあった。

最終更新:9/13(木) 12:43
東スポWeb