ここから本文です

【WWEメイ・ヤング・クラシック】里村明衣子 2回戦の相手はメルセデス・マルチネス

9/13(木) 12:44配信

東スポWeb

 WWEの女子トーナメント女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック2018」1回戦4試合が12日(日本時間13日)放送され、4選手が2回戦へ進出。日本女子プロレス界の横綱・里村明衣子(38)の2回戦の相手は、メルセデス・マルチネス(37)に決まった。

 かつて「全米15冠王」としてスターダムに来日した経験を持つメルセデスは、絵画で埋め尽くされた170センチの長身と長い手足を駆使して、元TNAノックアウト王者のアシュリー・レインを圧倒。最後は豪快なパッケージドライバーで3カウントを奪った。里村との2回戦は10月3日以降に放送される。

 その他の試合ではCMLLのマスクウーマン、セウシス(29)が、雪崩式変形顔面砕きで、WWEクルーザー級王者セドリック・アレクサンダー(29)の妻、エアリアル・モンローを撃破。セウシスは2回戦で紫雷イオ(28)対ザイア・ブルックサイド(19)の勝者と対戦する。

 大会開催前には米国版「SASUKE」の「AMERICAN NINJA WARRIOR」初の女性優勝者(2016年)として話題を呼んだ元体操選手のケイシー・カタンザロ(28)が、185センチの大女レイナ・ゴンザレスを高角度前方回転エビ固めで丸め込んで快勝。152�と小柄な体ながらも、NXTで2年間鍛え上げた技術を披露した。

 また、藤原喜明組長を尊敬するという米国の美女レスラー、デオンナ・パラッツォ(24)は鮮やかなフジワラアームバーでプリシラ・ケリーを撃破した。

 イオ、松本浩代(32)らが出場する1回戦は19日、27日に放送され、優勝決定戦は女子だけのPPV大会「エボリューション」(10月28日、ニューヨーク)で行われる。

最終更新:9/13(木) 13:09
東スポWeb

あなたにおすすめの記事