ここから本文です

「東のタッキー、西のすばる」 Jr.の両雄は「明日に向かって」それぞれの道へ

9/13(木) 20:30配信

J-CASTニュース

 「東のタッキー、西のすばる」――。ジャニーズJr.黄金時代の1999年ごろ、東西Jr.の代表的存在だったアイドル2人を、人はそう呼んだ。「タッキー&翼」の滝沢秀明さん(36)と「関ジャニ∞」の渋谷すばるさん(36)のことである。

 奇しくも、そんな2人がともに2018年いっぱいでジャニーズ事務所のタレント活動を終了することとなった。

■「毎日一緒にいた」Jr.時代

 滝沢さんは1995年、13歳でジャニーズ事務所入り。当時のジャニーズJr.は「8時だJ」(テレビ朝日系)など多くのレギュラー番組を抱える人気ぶりで、滝沢さんは「嵐」「関ジャニ∞」などでデビューする前の後輩たちをまとめ上げ、史上初のJr.単独の東京ドーム公演を成功に導くなど、Jr.黄金時代の先頭に立っていた。

 そんな滝沢さんと並び称される存在だったのが、渋谷さんだ。97年、15歳で事務所入り。ジャニーズJr.として「ミュージックステーション」(テレビ朝日)に初出演した際、ソロで「愛してる 愛してない」を熱唱し、人気に火がついた。歌唱力の高さで、のちに「関ジャニ∞」をともに結成する村上信五さん、横山裕さんらと関西ジャニーズJr.を牽引していた。

 「東のタッキー、西のすばる」(東の滝沢、西の渋谷)。いつしか人は、滝沢さんと渋谷さんの黄金コンビをそう呼ぶようになった。東西の「両雄」は仕事場だけの関係でなく、プライベートでも仲が良かったことで知られる。

 既に渋谷さんや村上さん、横山さんらが本格的に東京進出を果たしていた1999年ごろのこと。当時、渋谷さんと滝沢さんは「半同棲」状態にあった。渋谷さんは17年11月放送の「櫻井・有吉のTHE夜会」(TBS系)で「毎日(滝沢さんと)一緒にいたんです」と振り返り、こう語っている。

  「(滝沢さんの家の)近くに住んでいたんです。ずっとタッキーの家にいましたね。何するわけじゃなく、ボーっとする。タッキーは当時から、映像の編集みたいなことが好きで、部屋の奥でずっとパソコンをやってて、邪魔したら怒られるから、オレはボーっとしていました」

 番組で共演した村上さんが「飯とかはどうしていたの?」と聞くと、渋谷さんは「タッキーが作業をしていて『ラーメン行くか』みたいなことになったら、付いて行って」と話した。「邪魔したら悪いから」と、自ら食事に誘おうとしなかったそうで、村上さんも「それはオレも知らんかった」と驚いていた。

1/2ページ

最終更新:9/14(金) 0:11
J-CASTニュース