ここから本文です

今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

9/13(木) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 12安打8得点で中日に勝った12日の阪神。今季は雨天中止がやたらと多く、残り25試合は12球団で最多だが、この時季になると首筋が寒くなる選手はどこの球団にもいるものだ。この日は巨人の杉内が17年間のプロ野球生活にピリオドを打った。といっても、過去2年は股関節の故障で登板なし。今季もまったく戦力にならず、現役引退を決めたのは当然だろう。

 阪神にも今季限りでタテジマとおさらばしそうな選手が多数いる。まずは、金本監督の期待を裏切った助っ人のロサリオ(29=年俸3.4億円)に、その穴埋めとして6月に獲得したナバーロ(32=3300万円)の2人だ。金本監督が早々に4番に決めたロサリオがさっぱり打てなかったことは最大の誤算。代役のナバーロはパワー不足で助っ人にならない。

「外国人だけじゃないよ」と、あるOBがこう続ける。

「そこそこの年俸もらっている選手なら、今季出場18試合の西岡(34=7500万円)に、4試合で3敗の岩田(34=5000万円)も、制球難は相変わらずでもう限界。昨季43ホールドポイントで最優秀中継ぎ投手賞を獲得したマテオ(34=1.9億円)も右肩痛で戦力外が濃厚だ。鳥谷(37=4億円)も年俸に見合うだけの働きはしていないが、来年まで契約が残っている。内野は大山、北條、糸原に上本や植田もいる。来季は4億円プレーヤーの出番はさらに減る。5年20億円の大型契約は明らかに失敗だった」

 ちなみに、11日に右太ももを痛めた福留(41=2.2億円)はこの日はスタメン落ちしたものの、金本監督の信頼は絶大。幹部候補生といわれる大ベテランの来季残留は間違いない。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/26(水) 9:40