ここから本文です

iPhone XS/XS Max/XRは何が新しい? iPhone X/8/8 Plusと比較する

9/13(木) 8:13配信

ITmedia Mobile

 iPhoneの2018年新モデルがついに発表された。ラインアップは有機EL+デュアルカメラ搭載の「iPhone XS」「iPhone XS Max」と、液晶+シングルカメラ搭載の「iPhone XR」という3機種。

新iPhoneと旧iPhoneのスペック比較表

 iPhone XSとXS Maxは、2017年に発売された「iPhone X」の後継機で、デザインや基本性能はXを踏襲している。一方iPhone XRは「iPhone 8/8 Plus」の後継といえそうだが、iPhone 8まで採用していたホームボタンが廃止され、iPhone XS/XS Max同様に、ノッチありの狭額縁デザインに変更された。

 iPhone XRは見た目の変化が分かりやすいが、今回の新モデルは2017年モデルから何が変わったのか。iPhone XS/XS MaxはiPhone Xと、iPhone XRはiPhone 8/8 Plusと比較しながら変更点を整理したい。

デザインとサイズ

 写真を見比べる限り、iPhone XSとiPhone Xの外観はほとんど変わっていない。サイズは2機種とも70.9(幅)×143.6(高さ)×7.7(奥行き)mmで、XRの方が3g重くなったのみ。ディスプレイも5.8型有機EL(Super Retina HDディスプレイ)で共通している。

 一方、iPhone XS Maxは6.5型という大きなディスプレイを搭載していることもあって本体サイズも大型化。幅は77.4mmまで広がっているが、狭額縁設計のおかげでiPhone 8 Plusの幅78.1mmよりは抑えられている。Plusユーザーや、かつてPlusを使ったことのある人なら、Maxを使っても大きな違和感は覚えないだろう。

 iPhone XRも6.1型という大きなディスプレイを搭載しているが、こちらも狭額縁設計のおかげで、幅はiPhone 8 Plusよりも細い75.7mm。ただしiPhone 8からは約8mm太くなってしまい、以前にどの機種を使っていたかで、持ちやすさや操作感は変わりそうだ。

 iPhone XRは、ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)REDという6色のカラーが目を引く。特にブルー、イエロー、コーラルはこれまでのiPhoneではほとんど見られなかった色なので、若者を中心に人気を集めそうだ。

1/3ページ

最終更新:9/13(木) 13:01
ITmedia Mobile

あなたにおすすめの記事