ここから本文です

スバル12万台リコール=駐車ブレーキに不具合

9/13(木) 14:22配信

時事通信

 SUBARU(スバル)は13日、駐車ブレーキの部品に強度不足があり、破損して不具合が発生する恐れがあるとして、普通乗用車「レガシィ」12万6230台(2009年4月~14年9月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

 
 国交省によると、駐車ブレーキの内部部品が製造時の不適切な管理などによって強度不足となっており、部品が破損するとブレーキがかけられなくなったり、かかったまま解除できなくなったりする可能性がある。低速走行中に突然、瞬間的にブレーキがかかることもあるといい、これまでに報告された不具合は243件。海外での対象車の販売は約113万台に上るという。 

最終更新:9/13(木) 16:33
時事通信