ここから本文です

ヤマハ、“新ステアリング機構”を採用した前2輪の新型LMW「NIKEN(ナイケン)」

9/13(木) 17:12配信

Impress Watch

 ヤマハ発動機は9月13日、前2輪の新型LMW(Leaning Multi Wheel)「NIKEN(ナイケン)」を発売した。NIKENは受注生産車となり、価格は178万2000円。車体色は「ダークグレーメタリックG」(ダークグレー)1種類のみとなる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同社の「TRICITY(トリシティ)」シリーズに続くLMWモデルとなるNIKENは、「MT-09」用エンジンをベースとした、最高出力85kW(116PS)/10000rpm、最大トルク87Nm(8.9kgfm)/8500rpmを発生する直列3気筒DOHC 845cm3エンジンを搭載。前2輪の足まわりに新ステアリング機構の「LMW アッカーマン・ジオメトリ」を採用し、外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/タンデムフォーク)、410mmトレッド、2軸ステアリング機構によって45度のバンク角を実現。2軸ステアリング機構によって前後重量配分が約50:50となっており、自然な操舵感やリーン特性、優れたハンドリングを手に入れている。

 スタイリングでは「New Type of Agility&Controllability」をコンセプトに設定。LMWの特徴である前2輪に加え、タンデムフォークのフロントサスペンションをタイヤの外側に配置する新メカニズムをコントラストの強いシルエットによって強調。カラーリングでは上質感のあるダークグレーメタリック色を基調に、ヤマハのレーシングスピリットを示すブルーをホイールなどに使うことで“攻めのLMW”を表現している。

 このほかに装備では、唐突なエンジンブレーキの発生を解消する「アシスト&スリッパークラッチ」、シフトアップ操作を支援する「クイックシフトシステム」、エンジン特性を3種類から選べる「D-MODE(走行モード切替システム)」、スムーズな走行に貢献する「トラクションコントロールシステム」、高速道路などを走行する時の疲労度を低減する「クルーズコントロール」などを備えている。

Car Watch,編集部:佐久間 秀

最終更新:9/13(木) 17:12
Impress Watch