ここから本文です

豊島棋聖 就位式にファンら約300人 将棋

9/13(木) 20:08配信

産経新聞

 産経新聞社主催の将棋タイトル戦「第89期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦五番勝負」で初タイトルとなる棋聖位を獲得した豊島将之(とよしま・まさゆき)棋聖(28)の就位式が13日、東京都港区の「グランドニッコー東京 台場」で行われ、ファンら約300人が祝福した。豊島棋聖は五番勝負で、11連覇・タイトル獲得100期を狙った羽生善治(はぶ・よしはる)前棋聖(47)=竜王=を3勝2敗で破り、5度目のタイトル挑戦で悲願の初戴冠(たいかん)を成し遂げた。

 就位式で、飯塚浩彦産経新聞社社長が「豊島さんの初タイトルか、羽生前棋聖の11連覇・タイトル獲得100期かで注目され、初タイトルを獲得されました。既に第90期の予選も始まっています。ますます精進してください」と激励。日本将棋連盟の佐藤康光会長は「最後までぶれない勝負で初タイトルを獲得しました。厳しい戦いが続きますが、将棋界を引っ張っていく棋士になってほしい」。特別協賛のヒューリックの西浦三郎会長は「羽生さんという実力者に勝ち、タイトルを取られた。豊島棋聖のますますの活躍をお祈りします」とあいさつした。

 続いて飯塚社長から賞杯と賞金目録が贈られた。最後に豊島棋聖が「つらい時期もありましたが、ファンの方々の応援でがんばってきました。今後は序盤から終盤まで一本の美しい棋譜を残せるように頑張りたい」と謝辞を述べた。

最終更新:9/13(木) 20:17
産経新聞