ここから本文です

「もっと大坂を見たい。セリーナは一線を超えていた」ビリー・ジーン・キング<女子テニス>

9/13(木) 17:48配信

tennis365.net

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)女子シングルス決勝で対戦した大坂なおみとS・ウィリアムズ(アメリカ)。試合中にセリーナと主審の間で起きた問題について、CNNのC・アマンポーが元女子世界ランク1位でWTAの創設者のB・ジーン・キング(アメリカ)に話を聞いた。

【セリーナ風刺画家 アカウント削除】

1943年生まれのキングは四大大会でシングルス12度、ダブルスで16度の優勝を誇り、1973年には女子プロテニス協会WTAを設立した。

キングはインタビューで、セリーナ、主審のカルロス・ラモス、大坂について言及した。また、最後にテニスにおける性差別と今後の課題について述べている。

セリーナについては「セリーナは一線を越えていた。それは疑いもない。彼女が良いアスリートだったとは誰も言っていない。全く持って一線を越えていたし、彼女もそれは分かっている。ポイントは、主審が更に状況を悪化させた。」

主審に関しては「彼が台無しにしたと感じている。第一に、主審としては、試合の流れを保たなければならないのに、彼はただその逆をしていた。彼はセリーナへ伝える必要があった。彼は正しいことをしているから、謝れない、彼は試合においてボスであると言うことではなく、彼が言わなければならなかったのは単にセリーナのキャラクターを攻撃しているのではないと言うことだけ。キャラクターはあの状況で起きていることの本質であり、彼女はそのことにとても憤慨していて、セリーナや姉のヴィーナスはルールに従って育てられて来た。キャラクターがここでは最も大きな問題だった。彼は人間と話をしているのだから。彼がもし彼女のキャラクターを攻撃しているのではないと伝えていたら、もっと違う展開になっていたはず」

大坂については「彼女は二十歳にしてとても大人で、チャンピオンとしての精神力がある。それは彼女の言葉でも分かる。『コートに立ったら単に一人の選手だ』と。その軽いスイッチがオンになり彼女は変わる。彼女はスーパースターになるだろうし、既になっている。彼女がどれほど心優しかったか、どうやって集中を維持したかを過小評価するべきではない。それは途方もないものだったと感じた。もっと彼女を見たくて仕方がない。最初から彼女はセリーナより良いプレーをしていたし、この優勝は100パーセント彼女のもの。例え何が起きたとしても」

テニス界における性差別については「テニスにおいてある種の性差別はあると思っている。例え男性がそれを持ち出しても。なぜなら、男性は自分達のために立ち上がると遠慮なしに色々語るし、女性はヒステリックに見られてしまう。そうではなく、女性も遠慮なしに語っているだけなのに。私はそんな言い方をしたことは一度もない。かつてのインタビューを見ても、大坂が今回したようにより柔らかく話している。70年代にそれを気にしていた頃を思い出させた。今は違う。女性も立ち上がっている。遠慮なしに語ったり、良いと思う自身の意見を語ることをもう気にしてはいない。人々はそれを受け入れるのに難しい時間を過ごしている」

今後のテニスの向上のためには「1つ欠けているものは、女性のコーチが足りていないこと。私の不満はボックス席からのコーチングについて。なぜなら、みんなボックス席から叫んだりジェスチャーをしたり、いつもしていること。正直なところ、誠実さを持ち、それを良しとしよう。子供達が見ていて、誰かがいかさまをやっていると思われたくないから。それは良くない。だからまずそれをやりたい。もう1つテニスで悪いことは、主審が何が起きているかを観客と会話を持てないこと。主審が我々とコミュニケーションをして、より良いコミュニケーションを持つと言うポイントにたどり着かなければならない。危機的状況から物事を正す機会が作られると思っている。これが正しくする機会である」

CNN インタビュアー‘Amanpour’

最終更新:9/13(木) 17:51
tennis365.net

あなたにおすすめの記事