ここから本文です

会長 ディバラの移籍を予告「1月にスペインへ」

9/13(木) 10:36配信

SPORT.es

パレルモの会長マウリツィオ・ザンパリーニは、『RMC Sport』のインタビューに答え、今冬の移籍マーケットでのパウロ・ディバラの移籍先がスペインの可能性について語っている。

元ユーベ監督「アッレグリは ディバラを飼殺している」

ディバラがユヴェントスに加入する前にプレーしていたパレルモの会長ザンパリーニは、「ユヴェントスも1億2,000万ユーロ(約156億円)が欲しいだろうし、ディバラは、1月に移籍するだろう。そして、私は彼がスペインに行くと思う。彼には、スペインとイングランドからオファーが届いている。ユヴェントスには優れた選手達がいるが、ディバラがベンチに座っている姿を見ると泣きそうになるよ」と語っている。

さらに会長ザンパリーニは、「彼がベンチにいるのは、監督アッレグリが原因だ。2年前、私はディバラにメッセージを送り、スペインに行くようにアドバイスした」と述べ、ユヴェントスの監督についても批難している。

実際にディバラは、複数のクラブと接触している。過去には、FCバルセロナも興味を示していた。そして、クリスティアーノ・ロナウドがユヴェントスに移籍してからは、ディバラがレアル・マドリーのユニフォームを近いうちに着るのはないかという噂も浮上している。

また、マンチェスター・ユナイテッドもディバラとポール・ポグバをトレードするオファーも検討しているということである。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:9/13(木) 10:36
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報