ここから本文です

フクヒロ8強、今井氏ら処分には「ノーコメントで」

9/13(木) 16:49配信

日刊スポーツ

<バドミントン:ジャパン・オープン>◇13日◇調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ◇女子ダブルス2回戦

【写真】福島、広田組

女子ダブルス世界ランク1位の福島由紀(25)、広田彩花組(24=ともに岐阜トリッキーパンダース)が、2-1で韓国ペアに勝ち、準々決勝に進んだ。

20年東京五輪会場で初めて試合をした広田は「(球が)見やすい。やりやすい」と好感触を得た様子。「1試合でも多くできるように頑張っていきたい」と初の頂点を見据えた。

大会直前の10日には、所属チームで指導を受ける今井彰宏氏が恐喝および金銭不正により、日本協会から会員登録を認めない処分を、吉冨桂子氏も会員登録抹消処分を受けた。この件に関しての質問に、福島は「ノーコメントでお願いします」とだけ答えた。

最終更新:9/15(土) 23:56
日刊スポーツ