ここから本文です

9月定例県議会開会

9/14(金) 13:12配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

9月定例県議会が開会し震災遺構の保存などおよそ99億円の補正予算案を含む61議案が提出されました。

「災害公営住宅についても約8割で事業に着手しています。本年度中にはすべての団地で事業に着手しうち635戸の完成を目指しています」(蒲島郁夫知事)
蒲島知事は提案理由をこのように説明し、被災者の住まい再建を後押しすることを改めて強調しました。
今議会に提案された補正予算案の主な内容は、熊本地震関連では道路などの復旧工事や震災遺構の保存などにおよそ35億6000万円。
そのほか、台風7号への対応や危険ブロック塀の対策などあわせておよそ99億円となっています。
9月定例議会は来月10日までの27日間です。

RKK熊本放送

最終更新:9/14(金) 13:12
RKK熊本放送