ここから本文です

【セントライト記念】ギベオン陣営「秋初戦から好勝負」/ねぇさんのトレセン密着

9/14(金) 20:04配信

netkeiba.com

 ギベオンは日本ダービーはNHKマイルの疲労がなかなか抜けかったため、登録前に早々回避を決めてリフレッシュ期間に入りました。山元トレセンを経由して6月上旬に社台ファームへ。状態をみながら乗りこまれ、状態がかなり上向いてきた7月中旬に当初の目論見より早い8月1日に栗東に帰厩しています。

「ここまでしっかり乗り込んできましたし、力を出せる状態です」と田代助手は力強く語ります。

 馬体重は510キロ強。春とさほど数字は変わりませんが、「いい夏を越して帰ってきてくれました。体にメリハリが出てきました」(田代助手)というように、キ甲が抜けて筋肉の隆起がよりクッキリするなどシルエットに変化が見られます。

 セントライト記念は芝2200m。これまで経験した距離に比べて延びますが、これについては陣営も「問題ない」(田代助手)としています。今回初コンビとなる戸崎騎手は追い切りにも騎乗し「乗りやすさを感じました」と好感触を得ています。

 追い切りでもしっかり動いていました。「秋初戦から好勝負」(田代助手)と陣営からかなり色気のあるコメントが出ていますし、ここはわたしとしても外せません。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:9/14(金) 20:07
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ