ここから本文です

福岡の大濠花火大会、今夏限りで終了 「実施難しい」

9/14(金) 8:42配信

朝日新聞デジタル

 福岡の夏を彩る西日本大濠(おおほり)花火大会(福岡市中央区大濠公園)が、来年以降は開催されないことになった。主催する西日本新聞社が14日付朝刊で大会終了のお知らせを掲載した。

【写真】今年の大会には43万人(主催者発表)が訪れた=2018年8月1日午後8時37分、福岡市中央区、日吉健吾撮影

 同社広報部によると、花火大会は戦後まもなく始まり、数度の中断・休止を経て今夏で56回を数えた。観覧者は40万人規模に膨らみ、最後となった8月1日には約43万人(主催者発表)が集まった。40万人を超えるようになって安全確保の議論を重ねてきたが、「2019年以降は実施が難しい」と判断したという。

 西日本新聞社広報部は「長年にわたり、大会運営にご協力・ご支援いただきました関係者の皆さま、大会を愛してくださった皆さまに心より感謝を申し上げます」とコメントを出した。

朝日新聞社