ここから本文です

震度7厚真町 コメ作りとダンスに情熱注いだ65歳男性 収穫直前に帰らぬ人に 北海道胆振東部地震

9/14(金) 21:35配信

HBCニュース

北海道放送(株)

41人が死亡した今回の地震。
コメ作りとダンスに情熱を注いで来た厚真町の65歳の男性も、土砂崩れで命を落としました。

真剣な表情で華麗なタンゴを披露する、佐藤正芳さん。
通っていた教室で開かれたダンス大会でのひとコマです。

「なにせ一生懸命。できなければ、なぜできないのだろうと、私たちにずいぶん質問してきました」(ダンス講師・熊谷勝代さん)

12年前から社交ダンスを習っていた佐藤さん。
講師の熊谷勝代さんは厚真町へ出張教室を開いて教えていましたが、佐藤さんは時々、熊谷さんの教室がある千歳まで車で通うほど熱心な生徒でした。
その情熱とこだわりは、仕事にも向けられていました。

「ふつうは人を雇って稲などをやるのに、彼はひとりで。人を雇うと自分の思うとおりにならない、と聞いた。だから自分でなるべくやるんだ、と」(ダンス講師・熊谷勝代さん)

コメ農家の佐藤さんは、独り暮らししながら、父親から継いだ水田を4倍にまで増やしたといいます。
無農薬や有機栽培にも取り組み、「ゆめぴりか」に「ななつぼし」、そして、「おぼろづき」の収穫を控えていました。
しかし…土砂崩れに巻き込まれました。

「揺れて目が覚めて、ガーッといっているから。目が覚めて窓を開けたら、ガーッと木が流れてるんで」(佐藤泰夫さん)

捜索を見つめる佐藤泰夫さんは、正芳さんのいとこで、隣の家に暮らしていました。
あのとき、正芳さんを助けに行こうと、とっさに家を出ました。

「『大丈夫かー』と言っても全然返事ない。どこにいるかもわからない。参った」(佐藤泰夫さん)

手塩にかけて育てたコメの出来を確かめられないまま、帰らぬ人となった佐藤さん。
残された稲をどのように収穫するのか、見通しはたっていません。

北海道放送(株)

最終更新:9/14(金) 21:35
HBCニュース