ここから本文です

大阪空港に最大410便 台風被害の関空代替措置で

9/14(金) 21:00配信

神戸新聞NEXT

 台風21号で浸水した関西空港の代替措置で、兵庫県伊丹市は14日、国土交通省から、大阪(伊丹)空港の運用時間を午前7時~午後9時に維持した上で時間外の遅延便を受け入れる弾力的運用を了承し、国際線を含む発着回数を1日最大410便とする回答があったと発表した。

 回答は13日付。大阪空港周辺の10市でつくる「大阪国際空港周辺都市対策協議会」(10市協)が国交省に要請した内容を認めた。

 10市協はこのほか、大阪空港で受け入れる臨時便には低騒音の機体を優先使用し、期間が2カ月を超える場合は再度協議するよう条件を示したが、国交省は、関西3空港を運営する関西エアポートなどが順守するよう指導すると回答した。(竜門和諒)

最終更新:9/14(金) 21:04
神戸新聞NEXT