ここから本文です

<勝村政信>米倉涼子は「親戚」? 「ドクターX」キャストは「公私混同したような仲間」

9/15(土) 9:30配信

まんたんウェブ

 女優の米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子」(テレビ朝日系)のスピンオフ「ドクターY ~外科医・加地秀樹」の第3弾の配信が15日からスタート。勝村政信さん演じる、金に汚いが「腹腔(ふくくう)鏡の魔術師」との異名を持つすご腕の外科医・加地秀樹が、今度は静岡の大学病院分院で教授選に立候補する……というこれまでにない展開だ。大門未知子を演じる米倉さんとは「本当の親戚と言ってもいいぐらい」と、公私で付き合いがあると話す勝村さんに、本作の見どころを聞いた。

【写真特集】勝村政信、白衣姿でキリッと!

 ◇加地秀樹は「人間的に小さければ小さいほど、面白い」

 今年の10月クールは「ドクターX」ではなく、米倉さんの主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」が放送予定。勝村さんは「『Y』も無いのかなと思っていたので、ありがたいです」と第3弾の決定を喜ぶ。加地の人気について「見事に、小さな人間が描かれている。加地は金に汚いけど、技術はしっかりしている。人間までしっかりしていたら、スーパーマンになって魅力が半減してしまうじゃないですか。人間的に小さければ小さいほど、面白いのかな」と分析する。

 そんな加地が今回は教授選に名乗りを上げる。加地はこれまで権力や名誉に関心を示していなかったため、ファンからは驚きの声も上がっているが、勝村さんは「きっかけが老化現象。体が付いていかない。50歳を過ぎた僕らに共感できるところじゃないですか。今まではできたことが何もできなくなってくる。どこで折り合いを付けるのかといったら、教授選に出る、現場にこだわり切れなくなってきたという選択肢。それほど教授にこだわりがあるわけではない」と納得している様子。

 第2弾では、少女の霊が目撃される病院で、怪奇現象に加地がビビりまくるというコメディータッチなストーリーだったが、「僕にとっては、教授選がホラーです(笑い)。恐ろしいじゃないですか。体が老化で壊れ始めて、想像を超えるお金が動いていたり、裏で暗躍している女先生がいたり。教授選の資金が数千万(円)と積まれて、『それあんたの責任だからね』って言われるんですよ。さすがに加地も、キャッシュでそんなに持っていないだろうし……」と、笑顔で見どころを語る。

1/3ページ

最終更新:9/15(土) 9:30
まんたんウェブ