ここから本文です

森嶋猛、10・15復帰戦が中止…「化膿性関節炎」で手術「しょっぱくてすみません」

9/14(金) 12:16配信

スポーツ報知

 プロレスラー、森嶋猛(39)の復帰戦「GENESIS~森嶋猛帰還~」(10月15日、後楽園ホール)が中止となったことが14日、分かった。主催するエス・ピー広告社が発表した。

 森嶋は、プロレスリング・ノアなどで活躍し2015年4月に病気を理由に引退していたが、10・15後楽園で3年ぶりの復帰戦が決定しメインイベントでノアの杉浦貴(48)と対戦することが発表されていた。

 しかし、9月10日のランニング中に足に激痛が走り、都内の病院に緊急搬送され、検査の結果「化膿性関節炎」で13日に手術を受けた。医師から回復までに4週間以上を要すると診断され、復帰戦への出場を断念し大会は中止することになった。

 森嶋は「この度は、私の復帰の為に多大なるご尽力を頂きました、杉浦選手、内田会長をはじめ、プロレスリング・ノアの関係者の皆様、応援を頂いている皆様、メディア各社様、何よりもお待ちいただきましたファンの皆様、皆様のご好意を裏切ることとなり、伏してお詫び申し上げます。本当に情けなく、しょっぱくてごめんなさい。復帰したい気持ちは本心なので、一日も早く回復させ、リングに立ちたいと思います。勝手ばかり、ご心配をお掛けしてばかりで本当にごめんなさい」とコメントした。

 なお、同大会のチケットは払い戻しとなる。主催のエス・ピー広告社は、ファンに対して「多大なるご迷惑をお掛け致しましたこと、また開催直前のご案内になりましたことを重ねて心よりお詫び申し上げます」と謝罪していた。

最終更新:9/15(土) 9:50
スポーツ報知