ここから本文です

電子チケットで入場、買い物も パナソニックとぴあ、スタジアム事業で協力

9/14(金) 18:05配信

ITmedia NEWS

 パナソニックとぴあは、スポーツイベントなどの入場チケットの電子化を進める。電子化したチケットで、入場時の認証に加え、グッズや飲食物の購入もできるようにする。来場履歴と購買履歴を連携しやすくすることで、新サービスの創出にも役立てる。2020年をめどに事業化する計画だ。

【写真】電子チケットで入場するイメージ

 まず、11月24日にパナソニックスタジアム吹田(大阪府吹田市)で行われるJ1リーグのガンバ大阪とV・ファーレン長崎の試合で実証実験を行う。

 これまでガンバ大阪の試合では、来場者の約57%が紙チケットで入場していたが、実証実験では来場時に紙チケットとICチップが入ったリストバンドを交換。既にnanacoカードやスマートフォンで使える電子チケットなどを利用している来場者と合わせ、約3万人(ホーム側全て)のチケットを電子化できる見通しだ。

 来場者は、入り口のゲートに設置された専用端末(タフパッド)に、リストバンドかnanacoカード、スマートフォンなどをかざすと認証が完了し、スムーズに入場できる。また、会場内にある別端末にリストバンドをかざすと、近くのディスプレイに座席へのルートが表示される仕組みも構想している。

 リストバンドを使ったキャッシュレス決済もテストする。スタジアム内で買い物をする際、専用端末にリストバンドをかざすだけで支払いを行える。来場者は入場後、手持ちのスマホで専用のWebサイトにアクセスし、リストバンドにクレジットカード情報などをひも付ける必要がある。

 これまでもスタジアム内のグッズ店舗、飲食店はICカードなどを使ったキャッシュレス決済に対応してはいたが、利用率は10~20%程度(取り扱い件数ベース)にとどまっていた。リストバンドによる決済も加え、レジの混雑緩和などにつながるか検証する。

 ぴあの東出隆幸上席執行役員は「一足飛びにチケットを全て電子化することはハードルが高い。今回の実証実験のように、強引ではあるが紙チケットと交換するなどして、(電子チケットの利便性を伝えるため)長期的に啓蒙を行うことが重要」と説明する。

 来場者は、nanacoカードやリストバンドなど1つで入場時の認証からルートの表示、買い物の支払いまで行えるメリットがあり、スタジアム運営者やスポンサー企業も、利用者の来場履歴と決済履歴をひも付けることで、新サービスを生み出せる可能性がある。

 例えば、利用者には来場回数に応じて飲食店のクーポンを発行することを想定。スタジアムの運営側は「初めて来場する人の割合が多い」といった情報を基に、そうした人が購入しそうなグッズを店頭に多く並べる――といった活用を見込む。

1/2ページ

最終更新:9/14(金) 18:05
ITmedia NEWS