ここから本文です

「無事に夫婦となることが出来ました」 子宮頚がんで闘病中の尾崎亜衣、夫と笑顔の2ショットで結婚を発表

9/14(金) 18:40配信

ねとらぼ

 子宮頸(けい)がんのため闘病している女優の尾崎亜衣さんが9月14日、俳優の嘉人さんと結婚したことをInstagramで報告しました。

【画像:結婚報告に笑顔を浮かべる2人】

 8月に、かねて交際していた嘉人さんと「正式に婚約」したことをブログで報告していた尾崎さん。治療スケジュールや体調面を考慮し、「後日入籍する予定」としていましたが、9月16日に結婚し「無事に夫婦となることが出来ました」と報告しています。

 嘉人さんについては、「闘病中の私を受け入れ、結婚することを選んでくれた彼には感謝の気持ちでいっぱいです」と思いの丈をつづった尾崎さん。「お互いを想い合う夫婦でいられるよう努力して参りますので、今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです」とファンへ呼びかけ、「治療が終わり体力が回復次第、女優業にも復帰致します」と今後についても明かしています。

 尾崎さんは、2008年に昼ドラ「花衣夢衣」(東海テレビ)のヒロインである双子の沢木真帆と沢木澪の17歳から20歳までの役を、妹の尾崎由衣さんとともに熱演。2018年3月には子宮頸(けい)がんを告知され、4月に子宮と卵巣の全摘出手術を行っており、5月には「必ずまた皆様の前で舞台に立ちたいと強く想いながら頑張っております」と治療に専念していることを明かしていました。

ねとらぼ

最終更新:9/14(金) 19:05
ねとらぼ