ここから本文です

GoogleのIoTプラットフォームを利用した開発支援、富士通が提供

9/14(金) 13:12配信

Impress Watch

 富士通コネクテッドテクノロジーズは、GoogleのIoTプラットフォームを活用した、IoT製品の開発支援をする法人向けサービス「IoT開発支援サービス」の提供を開始した。同サービスの一部が無料で利用できるトライアル環境が用意されている。

 IoT開発支援サービスは、IoT製品を開発、導入をする企業に対して技術情報の提供やクラウド機能が提供される支援サービス。サービスにはGoogleのIoTプラットフォームであるAndroid Thingsや、音声認識などが利用されており、低コストで開発が可能としている。

 開発段階では、ソフトウェア開発に必要な技術情報、オプションで動作検証用ツールなどがWebベースのシステム上で提供される。また、カメラや各種センサーを動かす際に必要な技術情報や、サンプルアプリなどもパッケージとして提供され利用できる。ほかにも、センサーで集めた温度や位置情報のデータを可視化する機能や画像認識のデータを可視化する機能もパッケージとして提供される。

ケータイ Watch,石井 孝幸

最終更新:9/14(金) 13:12
Impress Watch