ここから本文です

巨人 引き分け挟み3連敗…岡本も右手死球で交代

9/14(金) 21:16配信

デイリースポーツ

 「DeNA4-2巨人」(14日、横浜スタジアム)

 巨人が試合の流れを取り戻せず、引き分けを挟んで3連敗を喫した。2位のヤクルトとのゲーム差は4に広がった。しかも、四番の岡本和真内野手が右手に死球を受けて途中交代を余儀なくされるという事態になった。

【写真】判定に激高するパットン チームメートが必死に制止するも…

 先発の内海は、二回に伊藤に適時打を許し先制点を献上すると、四回には井納の二ゴロの間に三塁走者が本塁を狙ったプレーでコリジョンが適用され2失点目。そして五回には筒香の34号ソロ、ソトの31号ソロと2者連続本塁打を浴びた。

 八回の攻撃では四番としてブレークした岡本がパットンの速球を右手に受け交代し、病院へ向かうというアクシデントも発生。試合も落とす悪夢の一日となった。

あわせて読みたい