ここから本文です

独ダイムラー、新型「GLE」をパリモーターショー 2018で世界初公開。PHV、3列シート仕様もあり

9/14(金) 17:42配信

Impress Watch

 独ダイムラーは9月12日(現地時間)、「パリモーターショー 2018」(一般公開:10月4日~14日)で新型「GLE」を世界初公開することを発表した。新型GLEは米アラバマ州のタスカルーサ工場で生産され、2019年初頭にアメリカと欧州で、2019年春に中国で販売を開始する予定。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新型GLEは長いホイールベース、短いオーバーハングを特徴にするとともに、クロームメッキの前後アンダーガードやパワードームを備えたボンネットなどで力強さを表現。また、風洞実験などを経て空力性能(Cd値)は先代モデルの0.32から0.29へと進化した。

 エレガントさが高まったインテリアでは、SUVモデルらしくセンターコンソールに2つのグラブハンドルが備わるほか、新デザインのスポーツステアリングなどを採用。また、ホイールベースが先代モデルから80mm延長の2995mmとなったことで特に後席の居住性が高まったという。後席は左右独立で前後に100mmの調整が可能で、バックレストの角度やヘッドレストの高さ調整を含め、すべてドアパネルに用意されるスイッチでコントロールが行なえる。また、これまで2列シート仕様だったGLEに、新たにオプションで3列目シートの設定があるのも新しい。

 パワートレーンについては、現段階では「GLE 450 4MATIC」が直列6気筒エンジンやISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)、48V電気システムなどを搭載することがアナウンスされており、同エンジンの最高出力は270kW(367HP)、最大トルクは500Nm。電気モーターは最高出力16kW、最大トルク250Nmと、日本でも導入されている「S 450」「CLS 450 4MATIC スポーツ」と同様のスペックを持つ。このほかディーゼルエンジン搭載モデルやPHV(プラグインハイブリッド)モデルの設定も予定している。

 そのほか、6気筒以上のエンジン搭載車向けのオプションとして、エアサス「AIRMATICサスペンション」との組み合わせになる「E-ACTIVE BODY CONTROL」を用意。これはスプリングと減衰力のダンピング特性を各ホイール個別で制御できるというもので、快適性を高めたり悪路で走破性を高めたりできるという。

Car Watch,編集部:小林 隆

最終更新:9/14(金) 17:42
Impress Watch