ここから本文です

ソニー、全白1,000nitの31型4K液晶マスターモニター「BVM-HX310」

9/14(金) 17:54配信

Impress Watch

ソニーは、新開発の4K液晶パネルを採用した31型のHDR対応マスターモニター「BVM-HX310」を2019年1月に発売する。価格は398万円。

業務用モニター開発で培った映像評価の基準となる画質と、高い信頼性を結集させた「TRIMASTER HX」を搭載。4K映像制作の基準モニターである有機ELマスターモニター「BVM-X300(428万円)」の画質性能や深い黒と正確な色再現を継承しながら、独自仕様のパネルと、新開発の信号処理技術を組み合わせて、全白時1,000nitsと100万:1の高コントラストを同時に実現する。

ソニーは、BVM-HX310を新たな基準モニターとして、放送局や映像制作プロダクションにおける品質管理、編集やカラーグレーディング、CG/VFX製作、企業や大学などの商品開発や研究、産業用に提案していく。

4K/4,096×2,160ドットの31型液晶パネルはソニー独自仕様のもので、深い黒や正確な色表現を保ちながら、全白時の高い輝度表現を実現。全白時の輝度は1,000nitを可能としたことが、BVM-X300(有機EL)との大きな違いとなる。

パネル表面はAR(アンチ・リフレクション)コーティングにより、スクリーン内部からの光の散乱を抑制。外光の反射も抑えるため、高解像度かつ高コントラストな映像をそのまま表示できる。コントラストは100万:1。

HLG(ハイブリッドログガンマ)、S-Log3、S-Log3(Live HDR)、SMPTE ST.2084など、主要なHDR方式をサポートする。

1本の同軸ケーブルで4K/60p映像を伝送する「12G-SDI」を入力、出力とも各2系統搭載。HDMI入力×1(HDCP 2.3)やシリアルリモート(LAN、RJ-45)端子、ステレオミニの音声モニター出力やヘッドフォン出力も装備する。

また、4K HDRの各種方式と、色域やRGBレンジなどを組み合わせた複雑なモニター設定を、SDI信号に重畳されているビデオペイロードID(VPID)に基づき、自動で切り替えできる。

消費電力は約450W。外形寸法は778×230×519.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約30kg。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:9/14(金) 17:54
Impress Watch