ここから本文です

大型ハリケーン、米東部に上陸=100万人に避難命令

9/14(金) 22:27配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】大型のハリケーン「フローレンス」が14日朝(日本時間同日夜)、米東部ノースカロライナ州沿岸部に上陸した。

 気象当局は「生命を脅かす」として、大規模な洪水の発生を警告。米メディアによると、同州などの約1000万人が影響を受ける恐れがあり、100万人以上に避難命令が出ている。

 フローレンスは上陸前、勢力が一時、5段階で2番目に強い「カテゴリー4」となったが、徐々に勢力を弱め、上陸時は一番弱い「カテゴリー1」だった。それでも暴風雨をもたらすと懸念され、ロイター通信によると、2、3日間で8カ月分に相当する降雨が予想される。最大風速は約41メートルに達するとみられ、時速約10キロで西に進んでいる。

 ノースカロライナ州ニューバーンでは14日、河川の水位上昇に伴い、約150人が孤立し、救助を待っている。同州とサウスカロライナ州などで40万世帯以上が停電した。また、米東部を発着する1300便が欠航を決めたという。 

最終更新:9/14(金) 23:00
時事通信