ここから本文です

生駒里奈、ソロ歌手活動は消極的 乃木坂メンバーとの交流明かす「楽屋に遊びに行った」

9/17(月) 12:04配信

オリコン

 元乃木坂46で女優の生駒里奈が17日、秋の全国交通安全運動の実施に伴う、子どもと高齢者の交通事故防止を呼びかける「交通安全セレモニー」で一日警察署長に就任し、東京・渋谷のハチ公広場で行われた式典に出席した。

【写真】一日警察署長を務めた生駒里奈の全身ショット

 今年5月にグループを卒業し、ソロ活動を行っているが「一人になっても、お仕事に対しては変わらず、こうしてたくさんのチャンスもいただいているので、一生懸命頑張っています」と声を弾ませた。

 これから挑戦してみたいことを聞かれ「いつかCMもやらせていただけたら」と話したが、ソロでの歌手活動を期待されると「歌はやりません」と笑顔できっぱり。「舞台とかで歌うとかであれば歌いますけど、自分が何かそういう活動と言われたら、選択肢にはないです。あんまり得意じゃないので(笑)。力があれば考えるんですけど、ないので」とその理由を語った。

 ソロになってからの暮らしぶりに関しては「特に変わらないです。この間までドラマをやっていたんですけど、急にオフになった時は、ずっと家でYouTube見ていました。暑いと本当に外に出たくないので」とにっこり。乃木坂46のメンバーとは連絡を取っているというが「みんなが忙しいので会えなくて…。でも、きのうも同じ仕事で会って、楽屋に遊びに行ったりしました」と明かしていた。

 また、安室奈美恵がきのう16日をもって引退したことについて「芸能界のいろんなことが、一つひとつ変わっていくんだなと思いました」と話し、「ダンスを習っていたのですが、ダンスを習っている子が必ず憧れる存在が安室さんでした。DVDを買って、ダンスを見て練習したりしていた」と回顧。引退はしたものの「それでも、これからもずっと残っていくと思います」と言葉に力を込めていた。

 この日、一日警察署長に抜てきされた生駒は「交通安全宣言」を読み上げ、交通安全を啓発する配布物を手渡しするなどの活動を行った。

最終更新:9/19(水) 0:25
オリコン

あなたにおすすめの記事