ここから本文です

【前走後の談話】土曜中山9R・古作特別

9/14(金) 20:50配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇ヴェルスパー「ゲートの中で萎縮して出遅れてしまったが、その後はうまく内に潜り込んで運べた。もう少しだった」(戸崎圭騎手)

 ◇カズミドリーム「前走もずっと馬場の悪いところを走りながら頑張ってくれた。道悪が得意な馬なので、雨が降ってくれたのはよかったと思う。ラストまでしっかりと走ってくれたし、デキも良かった。あとはパンパンの良馬場で走らせたときにどうなるかだと思う」(原田和騎手)

 ◇サイドストリート「スピードを生かして走らせた方がよさそう。外枠も厳しかった」(柴田大騎手)

 ◇ジェイケイオジョウ「内にモタれるのは知っていたし、前半でそれほど行けないのも想定していた。最後は外へ出してもっと来ていいと思うが、案外だった」(北村宏騎手)

 ◇ダイイチターミナル「包まれてしまって、行きたいところに入れなかった。仕掛けがワンテンポ遅れてしまった。デキは良かったが…」(山田敬騎手)

 ◇プリティマックス「前回も3コーナー過ぎから気になっていたけど、今日も呼吸が悪かった。叩いて馬自体は良くなっていたけど、踏ん張りが利かなかった」(柴田善騎手)

 ◇ブルーハワイアン「短い距離が合っていたのもあるけど、ひと息入れて馬が成長していたのが大きかった。これなら、クラスが上がってもやれそうだ」(田中勝騎手)

 ◇ワイナルダム「2番手の馬が出てきて、向こう正面で掛かってしまった。でも、もう少し良くなる余地がありそう」(松岡正騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ