ここから本文です

【前走後の談話】土曜中山11R・レインボーS

9/14(金) 21:15配信

サンケイスポーツ

 前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アウトライアーズ「前半のスピードの乗りがこの馬らしくなかったように、渋った馬場は良くない。ただ、2段階降級なら力が違った感じ。力通りの結果だろう」(田辺裕騎手)

 ◇アッフィラート「ゲートを上手に出てくれて、いつもよりいい位置で運べた。ラストも来ているが、気分良く行ってしまっているぶん、伸び切れなかった感じはあった。こういうレースができるのなら、もっと短い距離の方が決め手を発揮できそう」(戸崎圭騎手)

 ◇ギブアンドテイク「いいスタートで、中団につけることができた。ペースが遅く、道中は抑えるのに苦労したが、直線に向いてからはよく伸びてくれた。勝ち馬とは、初めの位置取りの差だけだった」(フォーリー騎手)

 ◇サトノグラン「流れが遅すぎた。自分でレースをつくれるタイプではないので…。ラストはすごく伸びてくれたので、不運だった」(田辺裕騎手)

 ◇シャルドネゴールド「内へ行くことができてよかったし、よく頑張ってくれた」(Mデムーロ騎手)

 ◇ドレッドノータス「気の悪いところがあるかと思っていたけど、今日は上手に走ってくれた。内にササるところはあるけど、ゲートから出していっても折り合いはついたし、しぶとく走ってくれた」(戸崎圭騎手)

 ◇レッドローゼス「トモの状態がひと息で、伸び切れないレースが続いていたが、今回は調教の段階から状態の良さを感じていたし、自信を持って臨めた。力を出し切るレースができたと思う」(蛯名正騎手)

 ◇ワールドレーヴ「きれいにはまったと思ったけど、あと100メートルで止まった。でも、58キロを背負ってよく頑張っている」(武豊騎手)

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ