ここから本文です

<トルコ>イスラム女性のスカーフ着用問題(4)9.11事件とイスラム (写真8枚)

9/14(金) 14:40配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆9.11アメリカ同時多発攻撃事件

私がスカーフ問題着用禁止問題で闘うイスラム女子学生の取材を始めるきっかけとなったのは、当時起きたアメリカでの同時多発攻撃事件だった。

2001年9月11日、4機の旅客機がハイジャックされ、うち2機がニューヨーク貿易センタービルに旅客機が突入、ワシントンの米国防総省まで攻撃された。一連の事件での犠牲者は約3000人に及んだ。ブッシュ大統領(当時)は、イスラム過激組織アルカイダとその指導者ビンラディンが事件を首謀したとし、潜伏先のアフガニスタンでの空爆作戦へとつながっていった。(玉本英子・アジアプレス)

9.11事件が起きたとき、私はトルコにいた。イスラム教徒がほとんどを占めるこの国で、事件はどう受け止められているのか。イスラムとは何なのか、人びとは事件をどう見ているのか。イスラムに焦点をあてて、様々な人や団体にコンタクトをとることにした。 本文:1,782文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。