ここから本文です

“自分と違う個性と仲間になろう!” リクルートマネジメントソリューションズが監修する「パラバディ研修」とは?

2018/9/14(金) 12:00配信

みんなの2020

株式会社リクルートの関連会社であり、企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、東京2020オフィシャルパートナー(人材サービス カテゴリー)として、ダイバーシティを促進する企業向け新研修『パラバディ研修』を監修した。

開幕まであと2年と迫った、東京2020パラリンピック。2016年のリオデジャネイロ大会を契機に、パラリンピックならびに障害者スポーツへの関心度は、若年層を中心にほぼ全世代で高まっている。だが一方で、「競技会場(スタジアム・体育館・沿道など)で直接観戦したい」と回答している人はわずかに18.9%と、東京2020オリンピックの42.1%と比較してまだまだ低いのが現状だ(東京都「オリンピック・パラリンピック開催、障害者スポーツに関する世論調査」より引用)。

そこでリクルートマネジメントソリューションズでは、東京2020パラリンピックの成功に向けた支援策の一環として、障害者理解およびパラリンピックスポーツへの興味・関心と観戦意向を高めることを目的に、前出の『パラバディ研修』の監修をスタートした。同社広報の小川明子氏は、本研修を始めた背景をこう話す。

「東京2020大会ビジョンでは『一人ひとりが互いを認め合う(多様性と調和)』ことが掲げられ、パラリンピックを通じて共生社会の実現を目指すとしています。これは、私たちリクルートマネジメントソリューションズが創業から掲げている『個と組織を生かす』という理念と非常に通じるところがあると感じています。そこで、どうすれば大会オフィシャルパートナーとしてパラリンピックを盛り上げていくことができるかを考え、“研修”という形で貢献できるのではないかと始めたのが『パラバディ研修』になります」

『パラバディ研修』では、(1)パラリンピックスポーツのすごさを知る、(2)障害者とのコミュニケーションを実践する、(3)障害を身近なものとして捉える、という3つのゴールが設定されており、障害当事者講師による座学(30分)と、視覚障害・肢体不自由障害体験を行うチームビルディングゲーム(80分)で構成されている。

1/2ページ

最終更新:2018/9/14(金) 12:00
みんなの2020

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事