ここから本文です

アクトレスガールズの新設王座を巡る初代王者決定トーナメント1回戦の組み合わせが決定!

9/14(金) 23:00配信

バトル・ニュース

 14日、都内某所にて女子プロレス団体『Beginning』が記者会見を行った。

 Beginningは『女優によるプロレス団体』をコンセプトに、所属選手を“アクトレスガールズ”と呼称して2015年に旗揚げ。堀田祐美子がマネージャーに就任し、現在ほぼ全ての女子団体にアクトレスガールズが参戦するほどに成長した。さらに10月20日&21日にサンリオピューロランドにて開催される『こすぷれふぇすたX inサンリオピューロランド』に参加し、ハローキティとのコラボステージを行うことが決まるなど、プロレス界の内外を問わず急成長中の団体だ。

 11月15日に行われる初の後楽園ホールを控え、これまで団体内にベルトが存在しなかったBeginningの新王座が創設されることが既に発表されており、この日の会見では同王座の初代シングルチャンピオン決定トーナメントが開催されることが明かされた。
 司会を務める堀田祐美子に呼び込まれ、トーナメントに参戦する飴宮さゆり、未依、谷もも、有田ひめか、葉月イナ、青野未来、関口翔、清水ひかり、高瀬みゆき、茉莉、さくらんボニータ、角田奈穂、本間多恵、安納サオリ、沙紀の15名が私服で登壇。(※万喜なつみは舞台出演のため会見を欠席)

 9月25日の新木場1stRING大会から開始されるトーナメント一回戦の組み合わせは、会見中にくじ引きによる公開抽選が行われ決定。二回戦目以降の組み合わせは、一回戦が全試合終了後に再び公開抽選により決定される。
 また、ルールは全試合15分1本勝負、引き分けの場合延長戦、通常のプロレスルールにて実施される。

 コスチュームに着替えた各選手がトーナメントに向けて真摯に想いを語る中、一期生として旗揚げ当初から団体を牽引してきた安納サオリは、「安納サオリです!トーナメントに向けて、一生懸命頑張ります♪……なんて、これで満足ですか?みんないいんですよ。真面目で真っ直ぐな感じ。いいんですけど、こんだけ人がいるんですし、人と違うことをすることも必要だと思います。これが今回アクトレスのベルトを巻くっていうことへの努力+αをしっかり大切に出来ている人が今回のキーになるんじゃないなかと私は思いますね。私は席がないなら自分の席は自分で作ってもいいんじゃないかんと思うんで、私はこれから安納サオリを作り上げていきます」とコメント。今月7日の新木場大会で尾崎魔弓率いる正危軍に加入した安納が妖しい輝きを放った。

 そして、安納ら一期生を中心とする体制を舌鋒鋭く批判し「“遮る壁”でなく“立ちはだかる壁”になる」と団体の変革を目指す沙紀は「新王座の創設を会社の方に提案させていただいたのが私でして、アクトレスガールズ自体でこんなにも人数が揃っていて、団体として大きく競い合っていく時期に入ったんじゃないかなと思いました。事実上トップと言われていた安納さんから3獲らせていただいて、私は今アジアドリームタッグのベルトも巻かせていただいておりまして、このベルトも決勝まで防衛し続けて二冠王をもちろん目指していきたいと思います」と語り、同じく優勝候補と目される安納と火花を散らした。