ここから本文です

【動画解説】三連休 関東は気温差に注意 全国的に雨具の用意を

9/14(金) 13:33配信

ウェザーマップ

 このところ涼しい日が続いている関東ですが、三連休は気温が急に上がりそうです。また、秋雨前線の影響で、全国的にスッキリしない天気となるでしょう。

三連休の気温傾向

 東京では、11日(火)から最高気温が25℃前後と、比較的涼しい日が続いています。ただ、この三連休は気温のアップダウンが大きくなります。
 14日(金)15日(土)は24℃の予想ですが、16日(日)は28℃、17日(祝・月)は30℃と真夏日が戻ってくるでしょう。急に暑くなると体調を崩しやすくなるため、服装選びにお気をつけください。
 
 そのほかの地域も、西日本を中心に真夏日が予想されています。湿気も多く蒸し暑いため、風通しの良い服装をおすすめします。

三連休の天気傾向

 三連休も、秋雨前線が日本付近に停滞する見込みです。前線は、南北に少しでもずれると天気が大きく変わってきます。
 現時点(14日(金)午後)の予想では、15日(土)は関東から九州北部を中心に、16日(日)は東北から近畿を中心に雨が降るでしょう。
 17日(祝・月)になると晴れ間が戻りそうですが、前線の動きによっては、雨の降る場所やタイミングが変わってきます。
 お出かけの方は、念のため雨具を用意し、最新の天気予報を確認するようにしてください。
(気象予報士・石上沙織)

最終更新:9/14(金) 13:39
ウェザーマップ