ここから本文です

2輪?3輪?ヤマハ発の二刀流バイクが面白い!

9/14(金) 8:56配信

ニュースイッチ

「ナイケン」を発売、独創的な技術を詰め込む

 前側が2輪の3輪バイク「NIKEN(ナイケン)」を国内で発売し、予約受注を始めたヤマハ発動機。旋回時に前方の2輪が車体と同調して傾くリーニングマルチホイール(LMW)機構を搭載したモデルの第3弾で、初の大型ロードスポーツモデルだ。

 13日の発表会で日高祥博社長は「独創的な技術を詰め込み、高い安定性がありながらも2輪車の爽快感を存分に味わえる製品に仕上がった。LMW搭載製品で新たな価値観を提供していきたい」と話す。

 ナイケンという名称はフロント2輪を二つの剣「二刀流」に例えてつけた。排気量845cc水冷4ストローク直列3気筒エンジンを搭載。軽快な走りと安定感を両立するLMWの基本性能を高める新ステアリング(操舵装置)機構も採用した。

 消費税抜きの価格は165万円。初年度の世界販売目標は2500台。

 同社は3輪バイクとして2014年に同125ccの「トリシティ125」を、17年に同155ccの「同155」を発売。ナイケンは18年に欧州で先行販売している。

最終更新:9/14(金) 8:56
ニュースイッチ

あなたにおすすめの記事